平成25年大相撲初場所 六日目

スポンサードリンク

日馬富士が自分の相撲を取りきって、無傷の六連勝。北大樹が負けたので幕内勝ちっ放しは日馬富士だけ。前傾姿勢で”突き刺さるような”当たり。それで松鳳山を一瞬下げさせて、再び来ようとしたところを低い体勢でもぐりこんで捕まえた。そして一気に寄り切り。この一連の流れるような動き、素早さ。日馬富士の魅力だ。

もぐるときに腰をもう一段、落としたのは「絶対に低くいくぞ」という気持ちの表れか。突っ張ってきた松鳳山へのフェイントの意味もあっただろう。こんなに俊敏な力士は日馬富士の他にはいない。

横綱昇進、大関昇進した力士は、自分の相撲がこのままでいいのかを振り返るらしい。地位に見合った相撲を取っているか?単に自分さえ勝てばいいのか?下位の者の力をしっかり受け止めなければいけないのではないか?この迷いが生じて相撲がわからなくなり、調子を崩してしまう人が多い。(日馬富士は大関に上がった直後に苦しんだ)

この意識は大切で、例えば強い人が立ち合いに変化(まっすぐ当たらずに横に逃げること)など、してほしくない。しかし頭を相手の懐につけたり、もろ差し(左右とも下手をとること)を狙ったりするのは、許されるのではないのかなあ。その取り方で勝ってきて昇進したのだから。

日馬富士の今日の相撲は、横綱らしい・らしくないに分ければ、後者かもしれない。自分より小さい松鳳山の下にもぐり込んだのだから。でもその動きが日馬富士らしいんだよなあ。多くの人がそう思ってるはず。突き刺さる当たりと速さが戻ってきて嬉しいはず。迷わずに、この調子で突っ走ってほしい。

白鵬は今日も万全で、一敗をキープ。こちらは二日連続のもろ差しだ。偶然続いただけかもしれないが、白鵬にもろ差しになられたら、相手は何もできない。

テレビの解説は中村親方(元・富士櫻)と北陣親方(元・麒麟児)。富士櫻vs麒麟児の激しい突っ張りの相撲は伝説となっている。あわせて百発以上の応酬。よくあんなに手が出るなあと驚くし、引いて決めよう(体をかわして相手を前に倒れさせる)とお互いに微塵も思っていないところが素晴らしい。

もうすぐ相撲協会定年の中村親方は現役時代、横綱と対戦して突っ張れることが楽しみで、わくわくしたそうだ。今も日馬富士を突っ張ってみたい、と言っていた(白鵬は体が柔らかいので突っ張りはあまり効かないらしい)。本当に相撲が好きなんだなあ。なんか、いいなあ。今の若手にもよく聞いてほしい話だ。

把瑠都は鶴竜に完全に懐に入られて三敗目。十勝して大関に復帰するには苦しい。
ベテラン雅山は六連敗。日に日に淡泊になって相撲が悪くなってきた。
栃乃若が先場所に続いて好調。ケガが治ってすっかり元通りだ。二場所後には三役も狙える力士。

中村親方によると「櫻(桜)」をしこ名につけるのは、縁起があまりよくないそうだ。すぐに咲いてパッと散るから。なるほど。日本を代表する花なのにね。

今日も林家ペー・パー子の両人がピンクの衣装でご観戦。あと何回来る?