平成25年大相撲初場所 九日目

スポンサードリンク

きのう無傷で勝ち越しを決めた日馬富士は今日も危なげなし。白鵬と平幕の宝富士も一敗のまま勝ち越しを決めた。

日馬富士は、成績次第で来場所が大関昇進を賭ける場所になる豪栄道と対戦。先場所は豪栄道のいい形になったのに審判の不手際でフイにされた、因縁の取組。そのときのように、まわしが取れれば豪栄道が有利になる。「横綱は突っ張ってくるだろうが、我慢してまわしを狙う」と事前の取材に答えていた。さあどうかな?彼もよく期待を裏切る人だからね。

さて立ち合い。横綱の鋭い一歩目の踏み込み。繰り出される突っ張り。豪栄道の顔を両手で一瞬挟み付けて押す。威力が感じられる。いいようにされる豪栄道。続いて出た日馬富士の叩き(はたき)に呆気なくバッタリと落ちてしまった。一秒の相撲だった。やっぱりと言うか、期待外れと言うか。大関を狙うにしても、内容がねえ・・・。

しかし今日は日馬富士の充実ぶりを誉めるべきかもしれない。絶対に相手に主導権を渡さないという気力と集中力。相撲が引き締まっている。ただ・・・、取組後に「早く終わっちゃったね」と余裕のコメントを報道陣に残した。「毎日、一番ずつです」というお決まりの発言の代わりに。これが隙につながらねばいいのだが。相撲って、こわいよ。明日の相手は把瑠都。どうなるだろう。

その把瑠都は白鵬に何もさせてもらえなかった。白鵬は「まわしを取る速さ」が素晴らしすぎる!強い横綱にここまでされたら、勝てる相手がいないよ。立ち合い後、一瞬で左上手を取って右を差し込んで寄っていくと、把瑠都はあっという間に土俵の外。把瑠都も立ってすぐ当たって突っ張ればいいのに~。一昨日も昨日もそれで圧勝したではないか。もっとも、突っ張っても上手は取られていた可能性が高いけどね。

稀勢の里は豊ノ島十分の形から我慢して、まわしを取って逆に十分になってから寄り切った。粘り強く自分の形にする、これが実力者の相撲。ここ数日間いい。でも、続かないのが稀勢の里。

鶴竜は琴欧洲の懐にすっぽり入った。手が長い琴欧洲でも、肩越しの上手が取れなかった(琴欧洲はまわしを取らないと埒が明かない力士)。懐に入っても、うまくやれば上手を防げるのだな。初めて見た。

八連敗だった雅山にようやく初日が出た。突っ張りの力強さは今日もなかったが、相手が相性のいい玉鷲で助かった。雅山には土俵入りのときも拍手が湧き、勝ったときも大きな声援が飛んだ。花道を下がるときに感極まって涙。長く頑張ってきた人には、観客も暖かい。

中継のシリーズ企画「綱の系譜」。今回は第52代横綱・北の富士。万年大関になりかけていたが、玉の海に先を越されるのがいやで横綱になれた、と述懐(二人は同時に昇進)。「運が良かった。弟子が二人も横綱(千代の富士、北勝海)になったのも運だった」と語った。謙遜半分、本音半分、かな。

明日は把瑠都-日馬富士戦が気がかり。

どうでもいいけど、今日の十両の向正面からのレポートの担当は慣例からすると吉田賢アナなのに(明日の幕内実況担当なので)、岡崎太希アナだった。