平成24年大相撲九州場所 二日目

スポンサードリンク

今日は藤井さんの実況。やっぱり好きだわ~。土俵入りの日馬富士と白鵬の違いなんかもさらっと教えてくれる。実況も的確でええ声やし、相撲愛を感じる。今場所はあとは七日目と千秋楽、ラジオは十二日目に実況です。

八角親方(北勝海)の解説も蘊蓄がある。横綱を張った者しかわからない話。今日はシブい中継でした。

そんな中、日馬富士、負けちゃったよ!勝ったのは隠岐の海。彼の師匠は八角親方。

隠岐の海というのは実は問題児(?)。素質はあるのに稽古しないし性格ものんびりしてる。なので、八角さんや北の富士さん(=八角親方の師匠)から放送中にいつも苦言を呈されているのです。(こちらはその毒舌ぶりがちょっと楽しみだったりする。ホントに厳しいからね)それでも目が覚めない!素質だけで相撲を取っている!いい青年なんだけどね。マスクは甘いし。彼が横綱なんかになったら女性ファンがかなり戻って来るよ。

その隠岐の海。今日は師匠の前でいい相撲を取りました。どんどん前に出る相撲。圧倒されて何も出来なかった横綱。横綱はちょっとなめていた、隙があったと思います。まさかの隠岐の海なんだもの。。。

完勝の隠岐の海を誉める八角さんの言葉が、なんかぎこちなくて、いつもと勝手が違って、妙に面白かった。やっぱり問題児だよ、あんたは。

でも、きっと明日はいつもの隠岐の海に戻ってるよ。そういう人なんです。
あ、でも明日の相手は把瑠都だ。把瑠都は今日左足をやっちゃったようなので、休場するかも。そうなると不戦勝か。

把瑠都は大関陥落の危機。
場所前に話題力士として各所で紹介されていた、元気いっぱい、栄養満点男の舛ノ山も左腕を傷めて明日から休場っぽい。残念だ。

白鵬は約3年ぶりに結び前の一番で取った。行司:式守伊之助で取るのも3年ぶり。勝ち残りも3年ぶり。栃煌山を軽くあしらう内容で完勝。先場所彼に負けたのがそもそもおかしいのです。

相変わらず、客入りが心配な九州場所二日目でした。

奈良市出身の徳勝龍も負けてしまったし。

しかし、オタクやなあ、私。