平成25年大相撲初場所 十二日目

スポンサードリンク

ホントに何が起こるかわからない。優勝を争っている日馬富士、白鵬、稀勢の里、高安のうち、いちばん大丈夫だろうと思っていた白鵬が敗れた。

舞の海氏の解説の通りだ。白鵬の左は昨日までの上手を取りにいく作戦ではなく、もろ差し狙い。相手の琴欧洲は右脇を締めてそれを防ぎ、左は白鵬の前まわしに近い所を取るのに成功。もろ差しできなかった白鵬の体は前傾できず立ってしまった。

琴欧洲は締めた右手でも横綱の前まわしに手が掛かった。そうなれば絶対不利の白鵬は左手ですぐにそれを防いだ。防げたものの、その動きも白鵬の上体が起きてしまった一因だ。

体勢を立て直したい白鵬は焦った。右下手も抜いて、両手で琴欧洲の頭を押さえつけた。こんな強引な白鵬は本当に珍しい。それが琴欧洲の体を呼び込むことにもつながり、結果的に白鵬の右足が出て、体ごと土俵下に落ちた。まげを引っ張られた格好で琴欧洲も落ちたが、勝ったのは琴欧洲。

今日は琴欧洲を誉めるべきかな。左でまわしのいい所を取ったし、脇を締めてもろ差しも防いだ。右でもまわしを取りにいった動きも効いている。一場所で一回は見違えるような相撲を取る琴欧洲、それが今日だった。(優勝争い的には今日でよかったのか?と独り言)

白鵬のもろ差し作戦は、謎だ。そして簡単に左上手を許している。まわしさえ与えなければ、組みしやすい琴欧洲なのになあ。

この波乱の一番の後の日馬富士は琴奨菊戦。日馬富士はこの大関には分が悪く、対戦成績はダブルスコアでリードされている。なので今日の焦点はこの取組だった。もし日馬富士も負ければ、稀勢の里との星の差も一つとなり、場所はもっと盛り上がる。そういう流れなのか?と思って見ていたら、勝負は一瞬だった。

日馬富士はいつものように低く鋭く当たって、琴奨菊の当たりを止めた。すかさず左に少し動きながら頭を押さえつけると、足が出ず上体だけが傾いている琴奨菊はばったり落ちた。当たって左に動く、これがこのところの横綱のパターンだ。同じようにやられ、あえなく落ちる琴奨菊は情けない限り。

日馬富士は強いが、これだけ勝ってくると「はたき込み」で勝負を決めたところに物足りなさも感じてくる。横綱なんだからもっと正々堂々と・・・というのは私の求めすぎかな?ま、あれで落ちてしまう琴奨菊も悪い。

稀勢の里は勝つには勝ったが、勢い任せの危ない相撲だった。相手は得意の鶴竜なのだから、慌てなくてもよかったと思うのだけど。

全勝:日馬富士、一敗:なし、二敗:白鵬、稀勢の里、高安。明日は日馬富士と稀勢の里が対戦。日馬富士が勝って、白鵬も高安も敗れると、十三日目にして優勝が決まってしまう。まさか、ね。しかしこんな展開になろうとは。日馬富士の復活は見事だ(あと三日あるけど)。右足首は大丈夫そうに見える。

把瑠都は落ち着いて五敗をキープ。
豪栄道はすぐ引くという悪い癖が出て六敗目。ため息。
先場所活躍した新小結の松鳳山は十敗目。地位が変わるだけで相撲って難しい。
十両の里山は負けたけど、今日も動いて粘って湧かせた。
高見盛はほぼ無抵抗で九敗目。とうとう、か。

幕内前半の取組で物言いがついた相撲が四番。うち一番は取り直し。この内容の良さが観客の入りを呼んでいるのは確か。

藤井さんのラジオの実況を聞きながら、テレビを見ていた。わかりやすいな。藤井さんほどのベテランになると、十両などの対戦結果の読み上げを、向正面の若手の高山アナに振るのだ。若手を育てる意味もあるのかな。