平成25年大相撲春場所 三日目

スポンサードリンク

三日目にして横綱・日馬富士に早くも土。言い古された言葉だが、勝負事は本当に何が起こるかわからない。だから面白い。番狂わせがなかったら、誰も見ない。

とは言うものの、敗因がお粗末だった。100パーセント油断。相手の高安は先場所12勝して地位を上げてきた、期待の星。しかし上位との力の差はまだあり、昨日は白鵬に全く歯が立たなかった(昨日は白鵬が完璧だったこともあるが)。押っつけ(=体を押すこと)がうまくて力も強いので、相手としては立ち合い後からそれを喰らわずに捕まえれば、大丈夫だ。

日馬富士は今日も低く当たって、左の下手がすぐ入り、右でも体を押さえつけた。高安はやっぱり脇が甘い(兄弟子の稀勢の里にそっくりだ。余談)。そのうち右も下手になり、すなわち横綱がもろ差し。こうなれば高安に勝ち目はない。押されて土俵際に。誰もが日馬富士の勝ちを確信した。実況の藤井さんも「寄り切り」と言おうとしたそうだ。

そのとき、日馬富士の左足が流れてしまった。体の動きに足がついていかない格好で土俵に着いてしまった。高安も苦し紛れに突き落とすような素振りをしていて、それも効いたと思っていたのだが、ビデオで見るとほとんど関係ない。日馬富士の自滅だ。体勢十分のもろ差しで土俵際まで寄って「もう勝った」と思った瞬間の心の隙。

慌てる必要はなかった。足を大事に運べばよかったし、もっと安全策をとってまわしに手を掛けておいてもよかった。まさかの一敗。もったいない。

白鵬は、まるで昨日のビデオのようだった。左で前まわし、右で下手。あっという間の出来事。舞の海さんが解説するように、ここから無理に寄って行かないところが、白鵬の余裕だ(日馬富士にはこれがなかった)。相手の栃ノ心の状況を肌で感じて、バランスを崩していると判断するや、揺さぶって、その流れで上手投げ。きれいに決まった。

そして、今日も大関が3人敗れた。鶴竜、琴奨菊、琴欧洲。いずれも惜しい負けとは言い難い。もう詳しく書くのはやめておこう。琴欧洲を教える立場にある秀ノ山親方の解説だけ紹介する。

「(弱点と対策は)これまで何度も教えているが、できない、直らない」

残念だけど、これでは打つ手がない。

今日の幕内の放送は舞の海、秀ノ山、藤井アナで、技術的な話題が多く、通好みだった。
十両は式秀、吉田アナ。式秀親方は本当によく喋る。取組中に叫んだりする。変わった人だ(笑)。高見盛より変わってると思う。そして、言うことが的確なのが憎いところ。

さあ、日馬富士にもう油断は許されない。