平成25年大相撲春場所 六日目

スポンサードリンク

4連敗していた琴欧洲は今日から休場。左肘の靱帯を傷めた、ということだ(診断書は出てるのかな?)。いずれにせよ、全く相撲になっていなかった。順当な判断だと思う。来場所はカド番。負け越せば大関から陥落。大丈夫かな?

今日は両横綱とも、短い時間で勝負をつけた。日馬富士は時天空を両手で突いて、いけると見るや一気に押し出し。時天空というのはいやらしい力士で(それが持ち味)立ち合い後に裾払い(足を蹴る)に来たり、横に動いたりする。四つに組んでからも足が飛んできたりする、「足癖が悪い」人。だが、馬力はないので落ち着いて対応すれば恐れることはない。今日はまともに来たので、落ち着いていた横綱の完勝だった。時天空は土俵際でいなそうとしたのだろうが、間に合わないくらい速かった。

結びの一番の白鵬。日馬富士に土をつけた千代大龍を難なく退けた。しかし、ひとこと言いたい。

立ち合い後、白鵬は左手で張っていった(=相手の頬を叩くこと)。馬力のある千代大龍の出足を止めるためだ。強く当たられた後の引き技で日馬富士があえなく落ちたのを見ているからね。張り手でダメージを与えて抑えようという作戦。私は好きではないが、まだわかる。(好きでない理由:上位力士が下位力士を張るのはいいがその逆は失礼なので厳禁、という暗黙のルールがある。特に横綱の顔は張れない。その状況で横綱が特権のように張っていくのはいかがなものだろう?)

張った後、白鵬は左に変わったのだ(=横に動いた)。これがいただけない。千代大龍にすれば、張られた(結構まともに入っていた)→一瞬、頭が真っ白に→そして、変わられたので目の前に白鵬はいない→強く当たろうとしたので止まらない(張られて判断も鈍っている)→そら負けるわ。

横綱たる者、張って変わって勝ってはいけない。若者の挑戦を堂々と受け止めなくては。規則で禁止されているわけではないが、大相撲とはそういうもの。(このあたりの面倒くささが若い人にウケない一因なのだろうな)

厳しい言い方をすれば、白鵬は楽して勝ったのだ。この姿勢はこれから先の隙にはつながらないだろうか?日馬富士は二敗してしまっているが、まだ希望を捨てるのは早そうだ。

豪栄道は珍しく?うまい相撲を見せて鶴竜に勝利。これで大関陣は全員二敗以上となった。ホントに、こういうとき勝つのだね、豪栄道さん。横綱相手でもいい相撲を取ってもらいたいものだ。それこそ、客を呼べる力士。切に願うよ。

把瑠都が一敗を守っている。相変わらず大雑把な相撲だけどね。ま、それも把瑠都の魅力か。今日は稀勢の里をはたき込みで秒殺(簡単に負ける稀勢の里も悪い)。把瑠都が優勝争いに絡んでくると、盛り上がる。

十両では琴勇輝が毎日あと一歩で勝ちそうになるのに、とうとう6連敗。ベテラン雅山も1勝5敗で心配だ。一方、(ウチの近所の寿司屋と同じ名前の)東龍が、貫禄さえ感じさせる取り口で無傷の6連勝。

明日の中継は元・高見盛の振分親方がゲスト。懐かしい映像をたくさん見られそうだ。