平成25年大相撲春場所 八日目

スポンサードリンク

早いもので春場所も八日目。無傷なら今日で勝ち越しが決まる。決めたのは幕内・十両を通じて白鵬ただ一人。日馬富士はなんと三敗目を喫した。一敗だった常幸龍も二敗に後退した。一敗力士がいなくなった。もう優勝争いを論じる必要はないだろう。寂しいけれど。

こういう場合、何を楽しみに相撲を見るのか?いや、別に見なくても一向に構わないのだが、私のポイントは

・今のところ強い白鵬、誰にいつ負けるか
・日馬富士は何敗するのか
・稀勢の里は、いったい何敗するのか
・把瑠都は11勝以上できるのか
・最近いい相撲をしている琴奨菊は、白鵬と熱戦になるか
・北太樹は勝ち越せるか
・東龍は十両優勝できるか
・雅山は引退してしまうのか
・十四日目の時点で優勝は決まっているのか

などなど、挙げたらキリがない。結局、何があっても見続けるというわけだ。それにしても皮肉混じりだし、マイナーな話題もあるなあ。特に2番目と3番目、書き方の違いに心境を汲み取ってほしい。

その「いったい」の人、今日は大阪出身・豪栄道との対戦。館内は豪栄道への声援一色で、稀勢の里は完全アウェー。大相撲でこんなにもなるのは珍しい。

立ち合い後、稀勢の里は当たってはいるが、毎度のことながら腰が高い。姿勢も立っている。せっかく左を差したのに、攻められない。横綱を目指そうという力士なら、不利な体勢からでも立て直して自分の形に持っていく技術と気力が求められる。今日は左を差せているという拠り所がある。なんとかならないものか。

・・・なんとかなるならとっくに横綱昇進している。そのまま力任せに寄って行ったが、腰が入ってないので豪栄道にこらえられた。二度目の寄りには体をするっと入れ替えられて、あえなく土俵を割った。

館内は熱狂。ヒーローの豪栄道。しかし、そんなに誉められたものでもないよ。脇の甘さが出て、すぐに左差しを許したのだから。大声援を真摯に受け止めているかどうか。

稀勢の里はこれで4勝4敗。体のどこかが悪いのかもしれない。また休場者が出るのか?

白鵬は勢の挑戦を真っ向から受け止めた上で(ここが昨日の日馬富士との違い)、今日も速く取った左前まわしからの上手投げ。右でのひねりも効いていて、豪快に決まった。気持ちいいくらい。

日馬富士は豊ノ島に一方的に寄り切られた。立ち合いに迷いがある。昨日から突き刺さるような当たりがない。ひょっとしたら足首の状態が悪いのかもしれない。

期待は琴奨菊。最近左でまわしを取るのが早く、得意ながぶり寄り(小さくジャンプして体重をかけて全身で寄っていくこと)が出ている。これからも土俵を湧かせてほしい(こう書くとたいがい負けてしまうのだが)。

中継では今日から佐藤洋之アナが登場。おそらく吉田賢アナとの交代。吉田さんはなぜかいつも場所の半分しかいない。面白いのに。