平成25年大相撲春場所 九日目

スポンサードリンク

白鵬は脂が乗ってきた。好調の豊ノ島に左まわしは取れなかったものの、反対側の差し手(豊ノ島から見て左差し。豊ノ島にこれを取られると厄介)は許さず。豊ノ島は右を差して白鵬のかいなを返しかけた(バンザイの体勢)が、横綱は素早く逃れてのど輪攻め(喉を手のひらで押し上げること)。体が反ってしまった豊ノ島。のど輪をタイミング良く外されると、つっかえ棒がなくなった反動でバタンと前に落ちた。

なにしろ白鵬の一連の動作が速い。負ける気配がない。全勝優勝するとその回数が歴代単独トップになる(現在の1位は双葉山、大鵬、白鵬の8回)。狙っているだろう。今場所はチャンスだ。それを目標に定めると、他の力士が一敗であろうと二敗、三敗であろうと関係ない。数字の記録というのは、そういう背中の押し方もしてくれるのだね。

全勝が白鵬。一敗はいなくて、二敗が昨日は10人くらい、うじゃうじゃいた。今日終わってみると、二敗に残ったのは琴奨菊と隠岐の海の2人だけで、うじゃうじゃ軍団が3敗にこぞって落ちた。ま、もう白鵬優勝で決まりだからいいんだけど、なんだかなあ。

うじゃうじゃ軍団に把瑠都もいる。日馬富士に引きずり下ろされた。今日の日馬富士の当たりはそこそこ強く、押し込まれた把瑠都は力任せに前に出た。大雑把さ、健在。押し返された日馬富士は土俵際で体をかわして突き落とすと、把瑠都は昨日に続いて土俵下に飛んだ。まったく、よく飛ぶ人だ。もうちょっと緻密さがあれば、強い横綱になると思うのだがなあ。日馬富士は突き落とす際に左膝を傷めたっぽい。明日からどうなるだろう。

二敗に、素質は十分なのにのんびりしていて伸び悩んでいる、隠岐の海さんがいるではないか!びっくりした。いたんだね!今日も舛ノ山を早めに捕まえたものの抵抗にあって、苦労した末に寄り倒した。肺が小さくて息が上がっている舛ノ山を土俵から心配そうに見つめる隠岐の海。いい青年だ。ひょっとして力士に向いてないんじゃないか?昨日、常幸龍に左四つで勝ったことを質問されて

「自分は右四つの方がいいと思うんだけれど、どうしても左四つになってしまう。ただまあ、のびのびは取れてますかねえ」

(のびのび取れてたら、いいんかい!)

先場所は前頭10枚目という地位で8勝7敗で勝ち越した隠岐の海は

「勝ち越してもあの番付(地位)で8勝ではダメだ、と周りから厳しい声を掛けられた。勝ち越して厳しい声を掛けられたのは初めてで、今場所はもっともっと勝たなければダメだなあという気持ちで土俵に上がっています」

(厳しい声を掛けられたのは初めて??そんなことないよ!あなたが気づいてないだけ!)

ホントにもう、隠岐の海の人柄がよく出ている話で、笑ってしまった。放送席に、いつも彼に厳しい北の富士さんがいたのだが、感想を聞いてほしかったなあ。

いろんな力士がいるでしょ。だから面白い。だから優勝がほぼ決まっていても見てしまう。