平成25年大相撲春場所 十日目

スポンサードリンク

今日は白鵬と把瑠都の熱戦、これしかない。ビデオを永久保存する価値がある。白鵬の技術と速さには、本当に恐れ入った。勉強になることがたくさん詰まっていた。把瑠都もよく善戦した。

立ち合い後、白鵬はいつものように左前まわし狙い。手がかかったが把瑠都の突きの圧力で取れなかった。再びかけた手も把瑠都の右手によって無理矢理切られた。把瑠都はすかさず両手突き。察知した白鵬はその手を両手で払った(この動きが素晴らしい!)。その勢いでお互いの両手が流れて、自然と右四つの形になった。

白鵬は右下手、左上手。把瑠都は右下手のみ。怪力の把瑠都に上手も与えれば振り回されてしまう。把瑠都が上手をとれるかどうか、これが焦点だ。白鵬は上体をほぼ水平にして把瑠都から腰を遠くして左上手を許さない。一方、白鵬が取っている右下手のまわしは一枚(=何重にも巻いているまわしのいちばん上の一枚のみをつかんでいる。力が伝わりにくい)。白鵬も決していい体勢ではない。

白鵬は腰を振って把瑠都の右下手を切った。この瞬間、把瑠都は左右ともまわしを取れていない。それを避けたい把瑠都はそのタイミングで左上手を取りに行った。腰を振った白鵬の体が起きたため、手が届くようになったからだ(この動きが速かった。把瑠都は予想していたのだろうか?)。

把瑠都に上手を取られては絶対にいけない。白鵬は再び手を届かなくするために、体を右に開いて左からの出し投げを打った(この反応の良さ!)。また左上手を取れなかった把瑠都。しかし逆に、右はまた近くなったので、右下手を再び取った(これもよく取った)。

膠着状態。把瑠都は左手で無双を切り(=白鵬の足を手で払う)にいくが手は届かず。白鵬は腰を数回振って右下手をまた切った。把瑠都はまたすぐ左上手を探る。今度は肩越しだ。白鵬はそれを上体を上に伸ばして防いだ。(なるほど、肩越しの上手は背伸びする格好になると届かなくなるので防げる。勉強になった)。だがその分また右下手が届くようになり、また与えてしまった。この一連の上手・下手の攻防は見ごたえがあった。

把瑠都は我慢できなくなったのだろうか。左上手狙いをやめて巻き替えにいった(今、把瑠都の左側は白鵬の右下手が入っている。その下手より内側に自分の左手を差し込んで左下手を取ろうとすることが「巻き替え」)。巻き替えに成功されると、白鵬は把瑠都にもろ差しになられる。その体勢も非常に不利だ。防がねばならない。それには、手を差し込むすき間がないほど体を密着させればいい。白鵬は体を右に動かし相手を回転させる動作ですき間をなくし、防いだ(この反応も見事!)。

それでも把瑠都は再び巻き替えにいった。白鵬はこれを今度は腰を振って切った。同時に白鵬の右下手も切れた(自分から離したのかな?)。ここで、ちょっとした間が生じた。把瑠都がひと息ついたように見えた。そのとき白鵬の左上手から土俵に打ち付けるように出し投げ。タイミング良く把瑠都の体がきれいに転がった。長い戦いを制してホッとした白鵬は、勘違いして東に戻りかけたほどだ。支度部屋に戻る把瑠都は逆に悔しい顔。把瑠都のこういう顔を見るのは珍しい。

右下手とか左上手とか、ややこしくてすみません。映像で見てもらえればよくわかるのだけどね。いや、映像でもスローで見て初めて気づいたことがたくさんあった。白鵬という力士の身体能力、反射神経の高さにほれぼれした一番だった。把瑠都にも先の先まで読んで準備しておく能力があれば、勝機が十分あった。

白鵬が十連勝。琴奨菊が豊ノ島に十分の体勢になられて三敗に後退。二敗は阿覧を寄り切った隠岐の海だけになった。優勝争いの興味はほぼなくなったが、上記のような一番がある限り、相撲はおもしろい。