平成25年大相撲春場所 十二日目

スポンサードリンク

今日も満員御礼。今場所7回目。優勝争いは寒いのにねえ。地元力士の勢は負けが込み、豪栄道は今日ようやく勝ち越したというのに。テレビで見る限り、満員御礼を出す基準が甘いと見受けられる。

無敗でひとり我が道を行く白鵬、二敗で追う隠岐の海、この構図は今日も変わらず。平幕力士の隠岐の海がよくついていってくれてるよ。日馬富士と大関陣のふがいなさ。

隠岐の海は巨漢の碧山に立ち合い後攻め込まれたが、突っ張りをはね上げながら我慢して、左四つに組み止め、そこからがぶりながら寄って行った。逆転の突き落としを警戒しながら寄っているのがよくわかった。落ち着いていて、慎重。こんな相撲もやればできるのだ。彼にはこのくらいのプレッシャーがいつも必要なのかもしれない。これで二桁の10勝目だ。

白鵬の相手の稀勢の里は、今日も何もいいところがなかった。主導権を握れず、白鵬の好きなようにされた。ビデオをスロー再生して見ると、白鵬の相撲には毎日感心させられる。ここでもその話題ばかりになって恐縮だ。

稀勢の里の強力な武器である左からの攻めを防ぐため、右腕を自分の体に密着させて(=固めて)立った白鵬。稀勢の里は左を差せない。稀勢の里も今日は左を固めていたので、白鵬も右を差せなかった。固めた腕どうしがぶつかり合っているうちに稀勢の里の体が立ってきた。そこで白鵬は右下手を諦め、右上手を取ることに作戦変更。左は立ち合い後から差していたので、それと右上手とで稀勢の里の体を右に振った。

振ってすぐ、がぶり気味で寄る素振りを見せる白鵬。こらえる稀勢の里はもう棒立ち。白鵬はその機を逃さず、右上手から出し投げを打った。稀勢の里の左はようやく下手をつかんだが、時すでに遅し。白鵬は右足を出して稀勢の里をちょっとつまずかせるようにして(これが憎い)出し投げ。ゴロンと転がった稀勢の里。

こんなに緻密な相撲を流れるようにできるのだから、横綱なのだろうな。大関陣との実力差は開く一方だ。

日馬富士は左足首の状態がよくないらしい。解説の舞の海氏からは「そんな情報を漏らすこと自体が横綱の姿勢としてどうか?」という手厳しい言葉。今日は琴奨菊を張ってもろ差しになる動きが速く、圧倒した。三敗をキープ。

琴奨菊はよくなってきたと思ったのになあ。横綱2人には歯が立たず。鶴竜も勢になんとか勝ったが、相撲はすっかり崩れてしまった。

明日、隠岐の海が負けて白鵬が勝つと、優勝が決まってしまう。私が見に行くのは明後日。さあ、どうなることやら。