平成25年大相撲夏場所 初日

スポンサードリンク

上位陣は関脇まで含めて安泰で始まった。日馬富士は全勝優勝した初場所のような素早い動き。白鵬は栃煌山に一瞬すくわれかけたが落ち着いてさばいた。

場所前の大きな話題は稀勢の里が出稽古(でげいこ)に出たこと。練習相手を求めて他の部屋に出かけていくことを出稽古という。同部屋の力士ばかりを相手にしていては、手の内もわかってきて緊張感もなくなる。横綱・大関クラスの立場からすると、自分と同等の力を持つ相手がいないことが多い。もっと稽古の質を上げるために出稽古は有効だとされている。

稀勢の里が所属する鳴門部屋は、先代の鳴戸親方の意向により出稽古に出ることに消極的だった。確かな理由は私にはわからないが、確かに出稽古のデメリットはある。こちらの実力や手の内がわかってしまうことだ。研究の材料を与えてしまう。自分の部屋だけで強くなることができれば、理想的には違いない。出稽古の長所・短所どちらを取るか。

稀勢の里にはほとんどの親方や解説者が出稽古の必要性を説いていた。期待されながらいつも今一つである稀勢の里、言われても仕方がない。稀勢の里にライバル心を燃やす日馬富士が、今年になって横綱にもかかわらず鳴門部屋に出稽古に連日出向いて実力を伸ばした、ということにも刺激を受けたのであろう。

今場所前、稀勢の里は精力的に出稽古に出た。解説の北の富士氏は彼を注目力士の一番手に挙げ、舞の海氏には「全力士の中でいちばんいい稽古をしていた」と言わしめた。絶賛である。そう言うのは私もわかる。しかし、忘れてやいませんか。稀勢の里とは今まで期待を裏切ってきた力士だということを。

危なかった、今日の稀勢の里。脇の甘さは健在。妙義龍に土俵際で逆転の小手投げで辛勝した。いつまで経ってもはらはらさせてくれる力士だ。どうなることやら。

初日。北の富士、舞の海、藤井アナのトリオで「始まったなあ」という、この感じがいいね。今場所は外出機会が多く、抜ける日が多くなりますがよろしくお願いします。うち一日はとうとう国技館で観戦する予定。