平成25年大相撲夏場所 二日目

スポンサードリンク

二日目からこれを書きたくなかった。横綱・日馬富士に土。

相手は妙義龍。昨日は稀勢の里にサッともろ差しになり、相撲内容では完全に勝っていた。低い体勢、足腰の強さ、素早い動きが持ち味の力士。ところがここ数場所は迷いが出たのか思い切りの良さがなくなり、ちょっとパッとしない存在になっていた(それでも地位は前頭筆頭で、立派なのだが)。

昨日の稀勢の里戦は「今場所の妙義龍は期待できるかも?」という相撲だった。日馬富士にとっては、決して取りやすい相手ではなかった。しかしなあ・・・。

今日の妙義龍は研究してきた。日馬富士の勝つパターンとして、当たってすぐに左に少し動いてまわしをつかむというのがある。昨日もそれが成功した。妙義龍はそれを避けるために、当たってから自分も左に動いた。日馬富士はまわしを取る作戦ではなかったのだが、動かれたためにバランスを崩した。それを逃さずに押していく妙義龍。焦った日馬富士の突きは空振りし、その分からだを回り込むのが遅れて、突き放しをまともに喰らってあっさりと土俵から落ちた。

負けるときの相撲とはこんなものだが、軽量横綱の日馬富士だけに吹っ飛ばされた印象が地位にそぐわない。負け方も求められる地位、とまで言うのは気の毒だろうか。まだ二日目。明日からの相撲を注目していくほかない。

十両の隆の山と希善龍の対戦は秀逸だった。細くて今にも折れそうな隆の山が、倍ほど大きい希善龍にまわしを与えず、うまい相撲で二分かかった末に勝利した。細くて小さくて幕内には定着できなくても、拍手(お金)をもらえる相撲は取れるのだ。