平成25年大相撲夏場所 三日目

スポンサードリンク

今日のテレビの解説の舞の海氏は言った。「日馬富士が横綱の地位をずっと守っていくのは『いばらの道』です」と。

昨日のこの観戦記の最後で隆の山のことを書いた。「細くて小さくて幕内には定着できなくても、拍手をもらえる相撲は取れる」。幕内に定着できなくても・・・。図らずも前提条件のように書いてしまった。もちろん日馬富士と隆の山とでは実力差がありすぎるが、泣き所は似ている。そして、日馬富士は横綱に定着しなくてはならない。できなければ、待っているのは「引退」の二文字。大げさなようではあるけど、日馬富士という力士がこれからどのような生き様を見せてくれるのか、注目したい。(実は好きなのですよ、日馬富士のことは)

足首のケガさえなければなあ・・・。本人に代わって勝手につぶやいておいた。

その日馬富士、連敗は免れた。寂しいが、「免れた」という表現がピッタリだった。相手は自身の最高位、前頭二枚目まで上がってきた北太樹。攻めが早くて気っ風のいい相撲を見せてくれる力士で、私は幕内に上がった頃からずっと密かに応援している。いい時期悪い時期を繰り返しながら、やっとここまで来た。

そんな北太樹には申し訳ないのだが、日馬富士にとっては圧勝しなければならない相手だ。負けた翌日に彼と対戦するのはラッキーだと言える。しかし、土俵際まで押し込まれること二度、最後もなんとか上手投げで切り抜けたという格好だ。自信喪失がうかがえる取り口。立ち合い後の張り手が全く効いていないのが寂しさに輪を掛ける。まあ、勝ちは勝ち。復調を待とう。

では白鵬は万全かというと、本当はそうでもないのだ。それでも星を拾っていける、白鵬の強さ。

向正面の解説は中立親方(元・小城錦)。幕内解説は平成23年秋場所以来。舞の海氏とはまた異なる理論派でおもしろかった。