平成25年大相撲夏場所 四日目

スポンサードリンク

4大関が揃って初日から4連勝。23年ぶりだそうだ。当時の大関は小錦、霧島、北天佑、旭冨士。名力士ばかりだ。今の稀勢の里、鶴竜、琴奨菊、琴欧洲も、後に名力士と呼ばれるようになるのだろうか。

稀勢の里が二日目以降は落ち着いている。不利な体勢でもバタバタせず、焦らない。どっしり受け止めている。しかし、見方を変えると立ち合いがまだ甘い。今日はもろ差し(左右とも脇に腕を入れること)が得意な栃煌山に、あっさりともろ差しを許してしまう。腰も高い。土俵際で馬力で何とか押し戻して左を差せた。その後も栃煌山にずいぶん振り回されたものの、ついて行き、攻めが止まった栃煌山を左差しを活かしてきれいにすくい投げた。栃煌山は止まると負けるのだ。こらえた稀勢の里が、今日は一枚上だった。

琴欧洲もバタバタしない。足のケガの具合は決してよくないそうだが、丁寧にまわしを取る相撲を取っている。今日は把瑠都の胸に頭をつけて低い姿勢。左を差して右は上手を引いた。やがて右も巻き替えてもろ差しになり、寄って行って巨漢を押し出した。お手本のような相撲。やればできるじゃないか。もしかしたら琴欧洲のファンはこういう相撲を望んでいないのかもしれないが、カド番だからね。贅沢は言っていられない。

琴奨菊にも安定感がある。鶴竜は冷や汗ものだが。
いつまで続く、大関無敗。得てして、こういうことを書いた途端に途切れるものだ。