平成25年大相撲夏場所 五日目

スポンサードリンク

琴奨菊と琴欧洲が負け、大関陣の無敗記録は昨日でストップ。それよりも日馬富士が二敗目を喫してしまった。

栃煌山に思った通りのことをやられた。日馬富士は立ち合い後の当たりは低いものの、今場所はすぐ上体が起きてしまう。相手に効いていないので、栃煌山にすぐに左を差された。昨日も書いたように、彼はもろ差し狙いの力士。右を巻き替えてくるのは基本中の基本だが、横綱は易々と許してしまった。それでも元気な日馬富士ならば、瞬間的に巻き替え返すところ。それが、ない。もろ差しになられたまま。栃煌山は肘を張って日馬富士の上手を切った。これも教科書通り。絶体絶命の横綱は苦し紛れの首投げを打つ。これもよくある動き。豪栄道がよくやる、墓穴を掘る手だ。それがかえって栃煌山の体を引き寄せてしまい、焦りが増した日馬富士は肩すかしを見事に喰って惨めに落ちた。目を覆いたくなる相撲だ。

次に土俵に上がった結びの一番の白鵬。栃ノ心を相手に、すぐに右差し左上手。強引にちょうど一回転振り回して上手投げの完勝。強さを見せつけた。私は、白鵬は怒っていたと見る。怒りの矛先はもちろん、ふがいない日馬富士。本当は日馬富士を投げ飛ばしたかったのではなかろうか。白鵬はこのような活を入れる相撲をよく取る。第一人者としての気持ち、責任感。

日馬富士が危ない。もしかしたら私は今場所の国技館で日馬富士の姿を目にすることができないかもしれない。