平成24年大相撲九州場所 六日目

スポンサードリンク

稀勢の里、連敗ですなあ。やっぱりもろい。どっしりしてない、軽い感じ。組み止められないし、土俵際まで追い込んでもスルッと入れ替わられる。まわしを引いて、基本にのっとってやってないからだろうな。

相手の豪栄道はこれで六連勝。白鵬と並んでトップを走る。正直、豪栄道にはあまり注目してなかったのでどこがいいのか掴めてないのだが、立ち合いが低くて体がよく動いていることは確か。波に乗ると突っ走る力士なので、どこまで連勝が伸びるかだ。こういう相手と当たった稀勢の里がついてないとも言える。

今日は解説の北の富士さんから厳しい指摘が連発。幕内前半戦の相撲の覇気のなさ、負けたのに笑いながら帰って行く千代大龍(これはホンマにアカン!)、今場所は持ち味を出せない高安、琴奨菊の右から抱える悪い癖。実況の大坂さん、お疲れ様。おとといはラジオで舞の海さんの苦言に付き合ったよね。(あなたが言わせるように振ってるんじゃないの??)

向正面の解説は来年1月で協会を定年になる式秀親方(元 大潮)。大潮は平幕力士だったけど、通算勝ち星数の記録などで今でも必ず名前が出てくる力士。定年報告パーティーを地元の北九州で開いたら、800人が集まったそうだ。経歴は地味だけど、800人だよ!語り口にも人柄の良さがにじみでていた。横綱としてスポットライトを浴び続けて送る道もあり、平幕からコツコツ積み上げてきた道もあり。

さて、明日は藤井さんの実況です。