平成24年大相撲九州場所 千秋楽

スポンサードリンク

あー、今年の相撲も終わってしまった。優勝争いが終わった千秋楽はやっぱり気が抜ける。結びの横綱対決も白鵬が勝てば日馬富士のことが心配になるし、日馬富士が勝てば白鵬の気力に不安を感じるし。勝ち力士を賞賛する気持ちと、そういうものが混じってしまう。

その結び。白鵬が勝ったのは場所の流れからして当然だったが、日馬富士が無様に負けなくてよかった。1秒かからずに決まるかも、なんて思ってたから。日馬富士が攻め込んで見せ場を作ったし、お互いに土俵際で残す場面もあった。スローで見るとすごい動きをしているのがわかる。右差しに成功してすぐ投げに出る白鵬、こらえてすぐ反撃する日馬富士、また投げを打ちながら残す白鵬、その投げをこらえて巻き替える日馬富士。これぞ大相撲界のNo.1とNo.2の戦い。頂点まで上り詰めるにはここまでできないといけないのだね。(これがスローでなく普通の速さで見てわかるようになりたいものだ)

最後は白鵬にがっぷり受け止められて、万全の下手投げで勝負あり。白鵬の優勝インタビューには味がある。モンゴルの両親に母国語で深い意味の言葉を贈ったり、客席からの声援にホロッと言葉を一瞬詰まらせたり。(ほんの一瞬だけ。ウルウル、ボロボロ泣いたりなんてしないよ!)優勝から遠ざかって苦しかったのだろうな、とよくわかった。

放送席からも日馬富士に対する不安めいた言葉が出ていた。十勝できなかったからなあ。軽量でケガも抱えている事情はわかりつつも、でも、横綱だから。初場所はもっとプレッシャーのかかった試練の場所になる。ひと場所だけで判断するのは酷なのだが。

さて来年。一年後には大関陣がガラッと変わってるかもしれないな。今の人が落ちて、若手が上がってきて・・・とか。いや、全く同じ顔ぶれなら大相撲の発展はないと思う。そして、おもしろくなるのは、やっぱり日馬富士にかかっている。私は今の大関陣に期待するのはやめているので。

こんなことをのたまいながら、来年も楽しませていただきましょう。十五日間お読みくださった方、どうもありがとうございました。

来年は国技館で一度は見たいな。