平成25年大相撲初場所 三日目

スポンサードリンク

勝負事はわからないもんだ。三日目にして早くも白鵬に土。いや、相手の妙義龍は実力者で横綱に勝ってもおかしくはない。しかし、この最初の二日間を余裕で乗り切った白鵬、先場所に調子が上がらず三役から落ちて今場所も二連敗していた妙義龍。これらの状況から、私も”油断”していた。「今日の白鵬はどんな横綱相撲を見せてくれるのかな」と。白鵬にも油断があったのだろうか。

妙義龍の作戦は「胸が合ったら勝ち目がない。突き放して、右の下手を取らせないように。できればまわしは全く与えずに」だったそうだ。これが、まさにハマった。白鵬が妙義龍の顔を張ってきたのも(痛かっただろうが)幸いした。張ると自分(=白鵬)の上体が起きてしまうし、差すのもワンテンポ遅れる。その隙に低い体勢からの妙義龍の突きが効いた。珍しくも横綱の体が引き気味に。土俵際で回り込んで逃れようとしたものの、妙義龍の押しのスピードに間に合わず、勝負はあっけなく決まった。

思い出した。妙義龍には引き技は通用しない、ということを。体勢が低いので誰もが引いたり押さえつけたりしたくなるのだが、落ちないのだ。稽古量と足腰の強さはハンパないと思われる。それが彼の大きな魅力。最近の力士は情けないくらいバタバタ落ちるからね。そんな妙義龍でも、先場所は簡単に落ちて負けたことが数回あって、「あらら・・・」と感じていた。それに加えて今場所も黒星続きだったので、私もすっかりノーマークだった。

白鵬が日馬富士より先に負けて、展開は面白くなった。これがもし逆だったら「三日目にしてもう一敗なんて、先行きが思いやられる」となるだろう。日馬富士には厳しいね。

その日馬富士は、今日は豊ノ島の粘りによく耐えて、白星をつかみ取った。テレビの伊勢ヶ濱親方(日馬富士の師匠)の「深かった左上手を浅く持ち替えたのが勝因」という解説には、納得。

伊勢ヶ濱親方の解説は「通好み」(つうごのみ)だ。朴訥とした喋りだけど、鋭いしわかりやすい。向正面解説の舞の海さんからの「もし稀勢の里の師匠だったら何を指導しますか?」の問い(この質問もよかった!)に、「立ち合いから下から攻めて頭をつける稽古をさせる。そうしておくと、もし本番で頭をつけられなくても、低い体勢にはなれるから」と答えた。なるほどなあ。稀勢の里の頭をつける相撲は滅多に見ないが、弱点である腰高を直すにはそのくらいする必要があるのかも。今日の稀勢の里が栃煌山に頭をつけられて負けてしまったのは、全くの皮肉だ。

把瑠都は粘ることなく二敗目。休場もありうる?
雅山は今日も負けて三連敗。大丈夫かなあ。
個人的には気っ風のいい相撲をとる北大樹の三連勝が嬉しい(調子がやっと戻ってきた)。十両の徳勝龍(奈良出身)も三連勝。十二勝なんてすると来場所(大阪)新入幕だけどなあ。まだまだか。