平成25年大相撲初場所 五日目

スポンサードリンク

両横綱は今日も安泰。日馬富士は相手の豊響があっさり前に落ちて、楽勝。これも立ち合いの強い当たりがあったればこそ。白鵬は予想に反して今日は張り差しせずに、相手・栃煌山のお株を奪う素早いもろ差し。盤石の相撲。栃煌山の脇の甘さは相変わらず。結びの二番がしっかり決まると、落ち着く。

大関陣は琴奨菊、琴欧洲の佐渡ヶ嶽部屋勢が揃って敗れた。琴欧洲はまわしを取って寄っていったのに、土俵際で豪栄道にすくい投げで逆転された。これは本当によく見るパターンだ。ここで以前書いたように、琴欧洲は投げの打ち合いに弱すぎる。

琴欧洲のような大柄の力士は、上手でも下手でもまわしを取れれば有利になる。相手をつかまえられるし、力が強いので相手に残された選択肢が狭まる。取れれば見ている方もまず安心できるのだが、彼には「逆転される」という落とし穴がある。これは一向に直らない。

佐渡ヶ嶽部屋で指導する立場にあり、今日のテレビの解説の秀ノ山親方(元・琴錦)によると、本人には何度も注意しているそうだ。まわしを取ったら落ち着いて、引きつけて相手の体を起こしてから攻めればよい、と。本番になるとそれができないのは白星欲しさの焦りだろうか、と言っていた。

加えて「琴欧洲の対戦相手は不利な形になっても、投げを狙っている」とも指摘した。そりゃそうだよな。これだけ逆転される姿を見せれば、相手も諦めないよなあ。こんな「組みしやすい大関」になってしまっているのはとても残念だ。

把瑠都は松鳳山を豪快に振り回して三勝目。荒々しい、彼しかできない相撲。やっぱりこういう力士も上位にいてくれなくては面白くない。
北大樹は速攻が鮮やかに決まり五連勝。体がよく動いている。無敗は日馬富士と北大樹だけ。

十両では小兵力士の里山が三分近い相撲の末、常幸龍に勝利。見ている側も思わず力が入った。これも大相撲の魅力。小さな体の懸命な姿に客席から大きな拍手が起きた。

解説の北の富士さんは珍しくカジュアルな格好だった。何を着ても似合うね!風邪引かないでよ!(よく場所中に風邪を引かれるのです)