八角」タグアーカイブ

平成25年大相撲春場所 十一日目

スポンサードリンク

中継で大村崑氏を発見。神田川氏は毎日、正面の桟敷席にいる。今場所は吉本の芸人さんを見ないなあ。今日は祝日。6回目の満員御礼。

全勝の白鵬、二敗の隠岐の海ともに勝った。昨日の把瑠都に続き、今日の琴奨菊にも白鵬との熱戦を期待した。白鵬は琴奨菊と組むのを避けるため、立ち合い後左で相手の右腕を抱え込み、左に動いて琴奨菊に左を差させないようにした。続いて激しい差し手争い。

その間の琴奨菊の出てくる圧力が強かったので、白鵬は首投げ気味に珍しくも引く動作を見せた。湧く館内。白鵬でもこんなことがあるのだな。しかし琴奨菊がぴったりくっついてくるのを感じ取るや否や、首を引っ張るのをやめ、逆に押し戻すように持っていき、琴奨菊の勢いを削いだ。この反応の良さ。琴奨菊の体は起きて、結局左四つの格好になった。

白鵬が避けた組み手になったのだ。ここで琴奨菊にいい策はなかったものか。琴奨菊は”素直に”右の巻き替えにきた。体を密着させて下手を差し込む隙間をなくし、それを防いだ白鵬。ここだ。この次の手が琴奨菊に欲しかった。巻き替えにいったけど阻まれた、これでは白鵬には勝てない。将棋の読みのように、白鵬の先の動きまで読んで、次々に動かなければ。

ところが先に動いたのは白鵬の方だった。巻き替えを防いだ後に腰を振って琴奨菊の左下手を切って体を寄せると、琴奨菊は呆気なく土俵を割った。反撃に備えて低く下ろされていた白鵬の腰が印象的だった(結果的に低く下ろす必要はなかった)。両者の力の差は歴然だ。

隠岐の海は千代の国の勢いに押されてハッとする場面があったものの、首投げに頼る千代の国の荒さにも助けられて、落ち着いて寄り切った。「微弱ながら頑張ります」とのコメント。ちょっとは欲が出てきたか?彼次第で優勝決定日が決まるからね。

日馬富士、稀勢の里、把瑠都、栃煌山、妙義龍、北太樹。いずれも危なげなく勝利。栃煌山、妙義龍はここ数日はいい相撲。北太樹は3場所連続の勝ち越しを決めた。

テレビ中継の「綱の系譜」のコーナー。今場所は北勝海(八角親方)。
「稽古は好きではないけれど、稽古しなければ勝てない。言い換えると稽古すれば勝てる。稽古は嘘をつかない」
稽古を大切にする心も加味されて横綱に推挙されたという力士。今はここまでする人はいないのかな。私も自分の身に置き換えて襟を正していかなくては。

平成25年大相撲春場所 五日目

スポンサードリンク

初日以来の落ち着きだ。今日の横綱・大関陣は5勝1敗。その1敗は琴欧洲。把瑠都に一方的に敗れて4連敗。「落ち着き」と言うのは琴欧洲に失礼か。

鶴竜が高安に手こずったことを除けば、あとの4人は危なげなかった。白鵬の充実ぶりは続いていて、彼にしては珍しい「とったり」という決まり手で栃煌山を退けた。これも反応の良さ。当たりが強くなく右手が中途半端だった栃煌山の腕をとっさに手繰って省エネ勝利。体が自然にそう動くのだろうな。今場所3大関を破っている栃煌山なので熱戦が期待されたが、足も出ていかず勝負は呆気なかった。初日を切り抜けて以来、白鵬に隙は見当たらない。

日馬富士も今日は本来の相撲だった。相手の妙義龍は同じタイプの力士。低く強く速く当たって相手を突き起こす。自分の前傾姿勢は崩れないし、前にも決して落ちない。こういう相撲は魅力だ。日馬富士はこれを徹底しているので、軽量にもかかわらず横綱に昇進できた。体格的に恵まれている妙義龍にも大関・横綱のチャンスは十分にある、と見る。カギはケガとの付き合い方と稽古の継続だ。

同じタイプ、変なことをせずまともに来る、ということで、日馬富士にも迷いがなかった。どちらがより低く強く速く当たれるか、相手を突き起こせるか。実力・経験の差か、開き直りの境地か、日馬富士がまさった。妙義龍の突きに横綱の左足が流れた場面がありハッとはしたものの、素早く背後に回り込んで送り倒した。妙義龍も速い力士なのだが、今日は完敗。

そして琴奨菊が昨日からいい相撲を取っている。攻めが厳しく、休まない。顔つきも違ってきたように見え、序盤の連敗、加えて同部屋の琴欧洲のふがいなさが相当こたえているようだ(そうであってほしい)。稀勢の里も千代大龍に二匹目のドジョウは許さず、引き技に冷静についていった。

しかし、ここらへんの大関陣はその日暮らしだからなあ。誉めた翌日に負けなきゃいいけど。

上位陣以外の話題も。時天空-阿覧は長い相撲になり(時天空は得てして長い)、時天空のまわしが緩んできたので行司が「まわし待った」をかけて一時休戦。その間に行司がまわしを締め直し、休戦中も体勢は維持しておかねばならない。VTRの一時停止みたいに。動いてしまうと有利不利ができるからね。これはルールだ(暗黙なのか明文化済みなのかは不明)。

だが、動いて組み手をほどいてしまった。おそらく阿覧からほどいたのだと思う。阿覧という力士はロシア出身とはいえ幕内にもう4年以上いるにもかかわらず、相撲の細かいルールをまだ把握できていないフシがある(笑)。以前も「水入り」を知らなかった(このときも相手は時天空。水入りとは取組が長くなって両者が疲労してきたことによる中断)。水入りを知らなかったのだから、まわし待ったも知らなかった可能性は十分ある。おもしろい力士。

テレビの実況は一昨日から中一日で藤井アナ。解説は八角親方。いつも気づきとなることを言ってもらえる。今日メモったのは「すくい投げは前に出ながら投げると決まる。下がりながら投げるとケガに繋がる」。勉強になりました。

平成24年大相撲九州場所 二日目

スポンサードリンク

今日は藤井さんの実況。やっぱり好きだわ~。土俵入りの日馬富士と白鵬の違いなんかもさらっと教えてくれる。実況も的確でええ声やし、相撲愛を感じる。今場所はあとは七日目と千秋楽、ラジオは十二日目に実況です。

八角親方(北勝海)の解説も蘊蓄がある。横綱を張った者しかわからない話。今日はシブい中継でした。

そんな中、日馬富士、負けちゃったよ!勝ったのは隠岐の海。彼の師匠は八角親方。

隠岐の海というのは実は問題児(?)。素質はあるのに稽古しないし性格ものんびりしてる。なので、八角さんや北の富士さん(=八角親方の師匠)から放送中にいつも苦言を呈されているのです。(こちらはその毒舌ぶりがちょっと楽しみだったりする。ホントに厳しいからね)それでも目が覚めない!素質だけで相撲を取っている!いい青年なんだけどね。マスクは甘いし。彼が横綱なんかになったら女性ファンがかなり戻って来るよ。

その隠岐の海。今日は師匠の前でいい相撲を取りました。どんどん前に出る相撲。圧倒されて何も出来なかった横綱。横綱はちょっとなめていた、隙があったと思います。まさかの隠岐の海なんだもの。。。

完勝の隠岐の海を誉める八角さんの言葉が、なんかぎこちなくて、いつもと勝手が違って、妙に面白かった。やっぱり問題児だよ、あんたは。

でも、きっと明日はいつもの隠岐の海に戻ってるよ。そういう人なんです。
あ、でも明日の相手は把瑠都だ。把瑠都は今日左足をやっちゃったようなので、休場するかも。そうなると不戦勝か。

把瑠都は大関陥落の危機。
場所前に話題力士として各所で紹介されていた、元気いっぱい、栄養満点男の舛ノ山も左腕を傷めて明日から休場っぽい。残念だ。

白鵬は約3年ぶりに結び前の一番で取った。行司:式守伊之助で取るのも3年ぶり。勝ち残りも3年ぶり。栃煌山を軽くあしらう内容で完勝。先場所彼に負けたのがそもそもおかしいのです。

相変わらず、客入りが心配な九州場所二日目でした。

奈良市出身の徳勝龍も負けてしまったし。

しかし、オタクやなあ、私。