」タグアーカイブ

平成25年大相撲春場所 十四日目

スポンサードリンク

1年ぶりに観戦してきた。正面やや東寄りの前から10番目の枡席で3人。1時半から酒など飲み食いしながら、気の合う友だちとああだこうだ言いながら観る相撲は楽しい。VTRもないので「今、下手を取った!」とか細かいところはその時はわからない。が、テレビではわからない熱気がじかに伝わってくる。

大阪出身の豪栄道、勢への声援はものすごい。もう、成績や相撲内容には関係ないね。私はここで豪栄道に厳しいことを書いているが、その雰囲気に負けそうだった(でも席では言いたいこと言ってたけどね)。彼は声援に応える相撲をしなければいけない。それには今よりギアをもう数段階上げることが必要だ。ま、これからも期待せずに見守ることにしよう。

その豪栄道は隠岐の海相手に、今日は自分のペースだった。立ち合い後すぐに右上手を取り、小さな投げで体勢を崩したり崩されたりしながらも寄って行って、最後は右手一本と体の圧力で寄り切った。策のない隠岐の海だから勝てたとも言える。

立ってすぐにまわしを取って自分の形になれるかどうか、豪栄道の勝敗はそこにかかっている。思い通りにならなければ苦し紛れの引き、投げ。我慢して自分の体勢に持ち込もうというのがないから寂しい。それでも勝てて、なんとか関脇の地位を守れているだけに、かえって厄介なのだ。大阪に限らず、応援する声が大きいこともね。

稀勢の里が出てきたときも熱気で盛り上がった。豪栄道といい、稀勢の里といい、実力の片鱗が見えて頑張っているけれど、あと少し!・・・のような力士が応援されて、愛されるのかもしれないな。今日の稀勢の里は日馬富士とお互いに右の張り差し。お互いに失敗した感。日馬富士の体が起きていたので稀勢の里の突き離しが効いた。体勢を戻して左でまわしに一瞬手をかけた日馬富士の俊敏さは立派だが、稀勢の里の左からの強烈な突き落としに転がった。どちらが横綱かわからない相撲。勝った稀勢の里は「どや顔」。自分のゾーンに入ったときの彼は強い。ここらへんは豪栄道や栃煌山と同じだ。館内は割れんばかりだったけれど、そこには日馬富士の呆気ない負け方についての失望の声も混じっていた。

白鵬の所作も美しかった。土俵入りには気品を感じたし、蹲踞(そんきょ。つま先立ちで、膝が折れ曲がるまで深く腰を下ろした姿勢)の姿がきれいで、背中もまっすぐ伸びていた。今日の相手鶴竜には手こずって場内は沸いた。ちょっと熱くなったのかな、白鵬。鶴竜を左で張って、右で張って、下を向いた隙にもろ差し。そこからかいなを返してがぶって寄り切った。取組内容には気品はなかったな。張り手の応酬は私は好きではない。

十両に落ちて苦戦している雅山への拍手も大きくて暖かかった。幕下力士の対戦でも必ず何らかの声援が飛んで、思わぬ力士に応援団がいたりして面白かった。瞬間的に応援する方を決めてしこ名を叫んでいる観客もいたのだろうなあ。技術は拙いが十両に上がろうと必死に取る姿、体がぶつかり合う音、土俵下に落ちる音、現場で見るのもたまにはいいものだ。

平成25年大相撲春場所 十二日目

スポンサードリンク

今日も満員御礼。今場所7回目。優勝争いは寒いのにねえ。地元力士の勢は負けが込み、豪栄道は今日ようやく勝ち越したというのに。テレビで見る限り、満員御礼を出す基準が甘いと見受けられる。

無敗でひとり我が道を行く白鵬、二敗で追う隠岐の海、この構図は今日も変わらず。平幕力士の隠岐の海がよくついていってくれてるよ。日馬富士と大関陣のふがいなさ。

隠岐の海は巨漢の碧山に立ち合い後攻め込まれたが、突っ張りをはね上げながら我慢して、左四つに組み止め、そこからがぶりながら寄って行った。逆転の突き落としを警戒しながら寄っているのがよくわかった。落ち着いていて、慎重。こんな相撲もやればできるのだ。彼にはこのくらいのプレッシャーがいつも必要なのかもしれない。これで二桁の10勝目だ。

白鵬の相手の稀勢の里は、今日も何もいいところがなかった。主導権を握れず、白鵬の好きなようにされた。ビデオをスロー再生して見ると、白鵬の相撲には毎日感心させられる。ここでもその話題ばかりになって恐縮だ。

稀勢の里の強力な武器である左からの攻めを防ぐため、右腕を自分の体に密着させて(=固めて)立った白鵬。稀勢の里は左を差せない。稀勢の里も今日は左を固めていたので、白鵬も右を差せなかった。固めた腕どうしがぶつかり合っているうちに稀勢の里の体が立ってきた。そこで白鵬は右下手を諦め、右上手を取ることに作戦変更。左は立ち合い後から差していたので、それと右上手とで稀勢の里の体を右に振った。

振ってすぐ、がぶり気味で寄る素振りを見せる白鵬。こらえる稀勢の里はもう棒立ち。白鵬はその機を逃さず、右上手から出し投げを打った。稀勢の里の左はようやく下手をつかんだが、時すでに遅し。白鵬は右足を出して稀勢の里をちょっとつまずかせるようにして(これが憎い)出し投げ。ゴロンと転がった稀勢の里。

こんなに緻密な相撲を流れるようにできるのだから、横綱なのだろうな。大関陣との実力差は開く一方だ。

日馬富士は左足首の状態がよくないらしい。解説の舞の海氏からは「そんな情報を漏らすこと自体が横綱の姿勢としてどうか?」という手厳しい言葉。今日は琴奨菊を張ってもろ差しになる動きが速く、圧倒した。三敗をキープ。

琴奨菊はよくなってきたと思ったのになあ。横綱2人には歯が立たず。鶴竜も勢になんとか勝ったが、相撲はすっかり崩れてしまった。

明日、隠岐の海が負けて白鵬が勝つと、優勝が決まってしまう。私が見に行くのは明後日。さあ、どうなることやら。

平成25年大相撲春場所 八日目

スポンサードリンク

早いもので春場所も八日目。無傷なら今日で勝ち越しが決まる。決めたのは幕内・十両を通じて白鵬ただ一人。日馬富士はなんと三敗目を喫した。一敗だった常幸龍も二敗に後退した。一敗力士がいなくなった。もう優勝争いを論じる必要はないだろう。寂しいけれど。

こういう場合、何を楽しみに相撲を見るのか?いや、別に見なくても一向に構わないのだが、私のポイントは

・今のところ強い白鵬、誰にいつ負けるか
・日馬富士は何敗するのか
・稀勢の里は、いったい何敗するのか
・把瑠都は11勝以上できるのか
・最近いい相撲をしている琴奨菊は、白鵬と熱戦になるか
・北太樹は勝ち越せるか
・東龍は十両優勝できるか
・雅山は引退してしまうのか
・十四日目の時点で優勝は決まっているのか

などなど、挙げたらキリがない。結局、何があっても見続けるというわけだ。それにしても皮肉混じりだし、マイナーな話題もあるなあ。特に2番目と3番目、書き方の違いに心境を汲み取ってほしい。

その「いったい」の人、今日は大阪出身・豪栄道との対戦。館内は豪栄道への声援一色で、稀勢の里は完全アウェー。大相撲でこんなにもなるのは珍しい。

立ち合い後、稀勢の里は当たってはいるが、毎度のことながら腰が高い。姿勢も立っている。せっかく左を差したのに、攻められない。横綱を目指そうという力士なら、不利な体勢からでも立て直して自分の形に持っていく技術と気力が求められる。今日は左を差せているという拠り所がある。なんとかならないものか。

・・・なんとかなるならとっくに横綱昇進している。そのまま力任せに寄って行ったが、腰が入ってないので豪栄道にこらえられた。二度目の寄りには体をするっと入れ替えられて、あえなく土俵を割った。

館内は熱狂。ヒーローの豪栄道。しかし、そんなに誉められたものでもないよ。脇の甘さが出て、すぐに左差しを許したのだから。大声援を真摯に受け止めているかどうか。

稀勢の里はこれで4勝4敗。体のどこかが悪いのかもしれない。また休場者が出るのか?

白鵬は勢の挑戦を真っ向から受け止めた上で(ここが昨日の日馬富士との違い)、今日も速く取った左前まわしからの上手投げ。右でのひねりも効いていて、豪快に決まった。気持ちいいくらい。

日馬富士は豊ノ島に一方的に寄り切られた。立ち合いに迷いがある。昨日から突き刺さるような当たりがない。ひょっとしたら足首の状態が悪いのかもしれない。

期待は琴奨菊。最近左でまわしを取るのが早く、得意ながぶり寄り(小さくジャンプして体重をかけて全身で寄っていくこと)が出ている。これからも土俵を湧かせてほしい(こう書くとたいがい負けてしまうのだが)。

中継では今日から佐藤洋之アナが登場。おそらく吉田賢アナとの交代。吉田さんはなぜかいつも場所の半分しかいない。面白いのに。