千代大龍」タグアーカイブ

平成25年大相撲春場所 七日目

スポンサードリンク

横綱との対戦でここでも取り上げた千代大龍が今日から休場。右足の中足骨の骨折だそうだ。驚いた。昨日の白鵬との対戦でやったのだろうな。そんな気配は感じられなかった。横綱を敗っているので勝ち越せば敢闘賞というボーナスももらえたのにな。世の中、そんなにうまくはいかない。

栃乃若も休場。大腿二頭筋の筋断裂で2か月の加療を要するらしい。こちらは昨日まで6連敗、右太ももの包帯が痛々しく、そもそも出場することに無理があった。今場所も休場力士が多い。豊真将も今年に入ってから見てない(おそらく来場所は幕下に陥落)。現地での観戦を楽しみにしている者(=私)にとっては寂しい限り。

両横綱は今日も安泰。日馬富士は地元大阪出身で声援が大きい勢(いきおい、というしこ名)に手こずった。勢は自分の得意な右の下手にこだわった。取るのに失敗しても何度もトライ。この姿勢は大いに良かったと思う。日馬富士は捕まえることができず、焦って張り手を連発(この「横綱の張り手」に舞の海さんが苦言。私も同感)。最後はまわしを取って寄り倒した。日馬富士も勢も機敏な動きが光った。

白鵬は時天空相手に珍しくも時間前に(=制限時間いっぱいになる前に)立った。時間前の白鵬、私は初めて見たんじゃないかな。すぐに左で前まわしを取り、投げで体勢を崩してから寄り切った。

試合後の談話:白鵬「時天空から立つぞ立つぞという気を感じて、立てるものなら立ってみろ、と自分から立った」。
時天空「横綱に勝つには(意表を突いて)時間前に立つしかないと思った。白鵬が立ったとき行司が止めるような素振りをしたので対応が遅れてしまった」。

気づかなかったが、VTRで見ると確かに時天空は気合い十分で仕切っていた。しかし、白鵬に先に立たれて主導権を握られたのでは何にもならない。作戦は大失敗。それにしても白鵬の「立てるものなら立ってみろ」という気の強さはさすがだ。

昨日ここでちょっと期待を寄せた把瑠都、土俵際できれいに飛んで、負けた。何をするにも派手な人だ。これを「華がある」と言うのだろうか?こういう力士も上位にいてもらわないとね。しかし、私が期待するとダメなのか?寂しいな。勢いよく出たら、高安に右下手を切られて苦し紛れに投げられて、飛んだ。

苦し紛れというと豪栄道もだ。栃煌山に体勢十分にされて寄られて苦し紛れに下手投げを打ったのが、運良く決まった。これも豪栄道らしい。勝てたからいいや、と思うのか、十分になられたのを大いに反省するのか。これが大関になれないか、なれるかの分岐点、と言うのは厳しいかな。

テレビのゲストは元・高見盛の振分親方だった。朝青龍の右のかいなを返して勝ったVTRが流れた。相手のかいな(=腕)を返すとは、相手の脇に差し込んだ腕を徐々に上げること。相手の腕はそれが邪魔になってバンザイのような格好になり、全く使えなくなる。とても有効な技だ。高見盛は独特のパフォーマンスばかりが注目されるが、右のかいなを返す名人だった。そりゃあもう、面白いくらいに返していた。朝青龍にそれで勝った相撲、思えばそこが高見盛という力士の全盛時だったかもしれない。

入門時のインタビューや、貴乃花との一番や、曙の土俵入りで露払いを務めたとき、そして右肩を柱に思い切りぶつけて稽古する風景などのVTRも紹介された。あらためて、個性的な力士だった。それにしても、入門時のメガネのレンズの大きさは半端じゃなかった。顔の半分くらいがレンズだった。ホントの話。コントみたい。

そんなテレビの中継の裏でラジオを担当していたのが藤井アナ。ラジオは今場所もう2回目。珍しいなあ。テレビの十両の実況は刈屋さんで、これも2回目。ベテラン、働いている。

雅山の連敗がストップした。よかった。

平成25年大相撲春場所 六日目

スポンサードリンク

4連敗していた琴欧洲は今日から休場。左肘の靱帯を傷めた、ということだ(診断書は出てるのかな?)。いずれにせよ、全く相撲になっていなかった。順当な判断だと思う。来場所はカド番。負け越せば大関から陥落。大丈夫かな?

今日は両横綱とも、短い時間で勝負をつけた。日馬富士は時天空を両手で突いて、いけると見るや一気に押し出し。時天空というのはいやらしい力士で(それが持ち味)立ち合い後に裾払い(足を蹴る)に来たり、横に動いたりする。四つに組んでからも足が飛んできたりする、「足癖が悪い」人。だが、馬力はないので落ち着いて対応すれば恐れることはない。今日はまともに来たので、落ち着いていた横綱の完勝だった。時天空は土俵際でいなそうとしたのだろうが、間に合わないくらい速かった。

結びの一番の白鵬。日馬富士に土をつけた千代大龍を難なく退けた。しかし、ひとこと言いたい。

立ち合い後、白鵬は左手で張っていった(=相手の頬を叩くこと)。馬力のある千代大龍の出足を止めるためだ。強く当たられた後の引き技で日馬富士があえなく落ちたのを見ているからね。張り手でダメージを与えて抑えようという作戦。私は好きではないが、まだわかる。(好きでない理由:上位力士が下位力士を張るのはいいがその逆は失礼なので厳禁、という暗黙のルールがある。特に横綱の顔は張れない。その状況で横綱が特権のように張っていくのはいかがなものだろう?)

張った後、白鵬は左に変わったのだ(=横に動いた)。これがいただけない。千代大龍にすれば、張られた(結構まともに入っていた)→一瞬、頭が真っ白に→そして、変わられたので目の前に白鵬はいない→強く当たろうとしたので止まらない(張られて判断も鈍っている)→そら負けるわ。

横綱たる者、張って変わって勝ってはいけない。若者の挑戦を堂々と受け止めなくては。規則で禁止されているわけではないが、大相撲とはそういうもの。(このあたりの面倒くささが若い人にウケない一因なのだろうな)

厳しい言い方をすれば、白鵬は楽して勝ったのだ。この姿勢はこれから先の隙にはつながらないだろうか?日馬富士は二敗してしまっているが、まだ希望を捨てるのは早そうだ。

豪栄道は珍しく?うまい相撲を見せて鶴竜に勝利。これで大関陣は全員二敗以上となった。ホントに、こういうとき勝つのだね、豪栄道さん。横綱相手でもいい相撲を取ってもらいたいものだ。それこそ、客を呼べる力士。切に願うよ。

把瑠都が一敗を守っている。相変わらず大雑把な相撲だけどね。ま、それも把瑠都の魅力か。今日は稀勢の里をはたき込みで秒殺(簡単に負ける稀勢の里も悪い)。把瑠都が優勝争いに絡んでくると、盛り上がる。

十両では琴勇輝が毎日あと一歩で勝ちそうになるのに、とうとう6連敗。ベテラン雅山も1勝5敗で心配だ。一方、(ウチの近所の寿司屋と同じ名前の)東龍が、貫禄さえ感じさせる取り口で無傷の6連勝。

明日の中継は元・高見盛の振分親方がゲスト。懐かしい映像をたくさん見られそうだ。

平成25年大相撲春場所 五日目

スポンサードリンク

初日以来の落ち着きだ。今日の横綱・大関陣は5勝1敗。その1敗は琴欧洲。把瑠都に一方的に敗れて4連敗。「落ち着き」と言うのは琴欧洲に失礼か。

鶴竜が高安に手こずったことを除けば、あとの4人は危なげなかった。白鵬の充実ぶりは続いていて、彼にしては珍しい「とったり」という決まり手で栃煌山を退けた。これも反応の良さ。当たりが強くなく右手が中途半端だった栃煌山の腕をとっさに手繰って省エネ勝利。体が自然にそう動くのだろうな。今場所3大関を破っている栃煌山なので熱戦が期待されたが、足も出ていかず勝負は呆気なかった。初日を切り抜けて以来、白鵬に隙は見当たらない。

日馬富士も今日は本来の相撲だった。相手の妙義龍は同じタイプの力士。低く強く速く当たって相手を突き起こす。自分の前傾姿勢は崩れないし、前にも決して落ちない。こういう相撲は魅力だ。日馬富士はこれを徹底しているので、軽量にもかかわらず横綱に昇進できた。体格的に恵まれている妙義龍にも大関・横綱のチャンスは十分にある、と見る。カギはケガとの付き合い方と稽古の継続だ。

同じタイプ、変なことをせずまともに来る、ということで、日馬富士にも迷いがなかった。どちらがより低く強く速く当たれるか、相手を突き起こせるか。実力・経験の差か、開き直りの境地か、日馬富士がまさった。妙義龍の突きに横綱の左足が流れた場面がありハッとはしたものの、素早く背後に回り込んで送り倒した。妙義龍も速い力士なのだが、今日は完敗。

そして琴奨菊が昨日からいい相撲を取っている。攻めが厳しく、休まない。顔つきも違ってきたように見え、序盤の連敗、加えて同部屋の琴欧洲のふがいなさが相当こたえているようだ(そうであってほしい)。稀勢の里も千代大龍に二匹目のドジョウは許さず、引き技に冷静についていった。

しかし、ここらへんの大関陣はその日暮らしだからなあ。誉めた翌日に負けなきゃいいけど。

上位陣以外の話題も。時天空-阿覧は長い相撲になり(時天空は得てして長い)、時天空のまわしが緩んできたので行司が「まわし待った」をかけて一時休戦。その間に行司がまわしを締め直し、休戦中も体勢は維持しておかねばならない。VTRの一時停止みたいに。動いてしまうと有利不利ができるからね。これはルールだ(暗黙なのか明文化済みなのかは不明)。

だが、動いて組み手をほどいてしまった。おそらく阿覧からほどいたのだと思う。阿覧という力士はロシア出身とはいえ幕内にもう4年以上いるにもかかわらず、相撲の細かいルールをまだ把握できていないフシがある(笑)。以前も「水入り」を知らなかった(このときも相手は時天空。水入りとは取組が長くなって両者が疲労してきたことによる中断)。水入りを知らなかったのだから、まわし待ったも知らなかった可能性は十分ある。おもしろい力士。

テレビの実況は一昨日から中一日で藤井アナ。解説は八角親方。いつも気づきとなることを言ってもらえる。今日メモったのは「すくい投げは前に出ながら投げると決まる。下がりながら投げるとケガに繋がる」。勉強になりました。