吉田賢」タグアーカイブ

平成25年大相撲初場所 十日目

スポンサードリンク

今日の幕内の実況はベテラン三人衆の一人、吉田賢アナ。相撲芸人によくモノマネされる人。今場所のテレビの実況は今日限りの一回だけ。いつもは二回あるのに。

その吉田アナに「今日も強い!」と言わせたのは、両横綱だった。なにしろ強いし速い。あまりにも強すぎて、あっけなさすぎて、お客さんは逆につまらないのではないか?と心配するほどだ。下位の取組から見ていると、相撲のレベルがだんだん上がっていくことが如実にわかる(途中に引き技で決まってしまう凡戦もあるが)。強そうな相手にいい勝負をして、最後は勝つ大関たち。そしてその先にあるものは、強そうな相手にもかかわらず圧倒的に”瞬殺”する横綱。こういう楽しみ方で見てほしいなあ。実際、横綱が二人揃ってこんなに充実してるときは、今後もそんなにはないかもしれない。

とは言え、私は今日の日馬富士に少し危険性を感じていた。昨日勝った後の余裕のコメント、四敗になってしまった今日の相手、把瑠都の危機感。余裕が隙につながり立ち合い後に一瞬でも遅れれば、大きな把瑠都に吹っ飛ばされる(軽量だからね)。

心配は全く無用だった。立った瞬間の左上手。すぐに出し投げ。背中に回って送り出し。見事としか言いようがない。立ち合いにガンと当たっていない、まともに受け止めていない、という注文もつけられるかもしれないが、一連の動きは”芸術的”だった(とは言い過ぎか)。

相手の把瑠都は昨日も白鵬にすぐ左上手を取られており、結果的に進歩がなかったことになる。ラジオで舞の海氏は「把瑠都は相手を全く見てなかった」と指摘したが、今日は見ていようと何をしようとダメだったのではないだろうか。これで五敗目。大関復帰するには、残り五日間でもう一敗もできない。

もう一人の横綱・白鵬は豪栄道相手に張り手。そしてすぐ左上手、右下手。今日は張り手が入ったが、最近ずっとこのパターンで、ずっと速い。出し投げを打つと豪栄道は無抵抗で土俵の外へ。豪栄道は上体が起きてしまっていて、どうやら張り手に面食らった様子だ。今までさんざん張られてきているのに、ここにきてまだ面食らってどうする!(ま、張り手がなくても勝ち目はなかったと思うけど)これで豪栄道も五敗目。来場所の大関獲りの話はしぼんだ。

今日の稀勢の里もよかった。琴奨菊とお互い左下手を引いての左四つ。体勢は琴奨菊の方がよかった。稀勢の里は右上手を取ろうと何度も手をかけるが、琴奨菊は許さない(まわしをぎゅうぎゅうにきつく締めているので指が入らないのだ)。稀勢の里、ここで慌てて自分から仕掛けずに我慢した。じれた琴奨菊が投げを打って崩しにきたタイミングでその腕をきめて押して土俵の外へ。粘りが出てきた稀勢の里、これから楽しみにしてもいいのだろうか?

全勝:日馬富士、一敗:白鵬、二敗:稀勢の里ら四人。明日から終盤戦。稀勢の里が横綱と対戦するまで二敗を守れるかどうか。

平成25年大相撲初場所 九日目

スポンサードリンク

きのう無傷で勝ち越しを決めた日馬富士は今日も危なげなし。白鵬と平幕の宝富士も一敗のまま勝ち越しを決めた。

日馬富士は、成績次第で来場所が大関昇進を賭ける場所になる豪栄道と対戦。先場所は豪栄道のいい形になったのに審判の不手際でフイにされた、因縁の取組。そのときのように、まわしが取れれば豪栄道が有利になる。「横綱は突っ張ってくるだろうが、我慢してまわしを狙う」と事前の取材に答えていた。さあどうかな?彼もよく期待を裏切る人だからね。

さて立ち合い。横綱の鋭い一歩目の踏み込み。繰り出される突っ張り。豪栄道の顔を両手で一瞬挟み付けて押す。威力が感じられる。いいようにされる豪栄道。続いて出た日馬富士の叩き(はたき)に呆気なくバッタリと落ちてしまった。一秒の相撲だった。やっぱりと言うか、期待外れと言うか。大関を狙うにしても、内容がねえ・・・。

しかし今日は日馬富士の充実ぶりを誉めるべきかもしれない。絶対に相手に主導権を渡さないという気力と集中力。相撲が引き締まっている。ただ・・・、取組後に「早く終わっちゃったね」と余裕のコメントを報道陣に残した。「毎日、一番ずつです」というお決まりの発言の代わりに。これが隙につながらねばいいのだが。相撲って、こわいよ。明日の相手は把瑠都。どうなるだろう。

その把瑠都は白鵬に何もさせてもらえなかった。白鵬は「まわしを取る速さ」が素晴らしすぎる!強い横綱にここまでされたら、勝てる相手がいないよ。立ち合い後、一瞬で左上手を取って右を差し込んで寄っていくと、把瑠都はあっという間に土俵の外。把瑠都も立ってすぐ当たって突っ張ればいいのに~。一昨日も昨日もそれで圧勝したではないか。もっとも、突っ張っても上手は取られていた可能性が高いけどね。

稀勢の里は豊ノ島十分の形から我慢して、まわしを取って逆に十分になってから寄り切った。粘り強く自分の形にする、これが実力者の相撲。ここ数日間いい。でも、続かないのが稀勢の里。

鶴竜は琴欧洲の懐にすっぽり入った。手が長い琴欧洲でも、肩越しの上手が取れなかった(琴欧洲はまわしを取らないと埒が明かない力士)。懐に入っても、うまくやれば上手を防げるのだな。初めて見た。

八連敗だった雅山にようやく初日が出た。突っ張りの力強さは今日もなかったが、相手が相性のいい玉鷲で助かった。雅山には土俵入りのときも拍手が湧き、勝ったときも大きな声援が飛んだ。花道を下がるときに感極まって涙。長く頑張ってきた人には、観客も暖かい。

中継のシリーズ企画「綱の系譜」。今回は第52代横綱・北の富士。万年大関になりかけていたが、玉の海に先を越されるのがいやで横綱になれた、と述懐(二人は同時に昇進)。「運が良かった。弟子が二人も横綱(千代の富士、北勝海)になったのも運だった」と語った。謙遜半分、本音半分、かな。

明日は把瑠都-日馬富士戦が気がかり。

どうでもいいけど、今日の十両の向正面からのレポートの担当は慣例からすると吉田賢アナなのに(明日の幕内実況担当なので)、岡崎太希アナだった。

平成24年大相撲九州場所 十三日目

スポンサードリンク

なんとか盛り上げて見ようと思ってきた九州場所も残念ながら尻すぼみ・・・。日馬富士が今日も負けて四敗。白鵬は勝ったので星の差三つ。日馬富士の優勝はなくなった。いや、別に優勝までは望んでなかったけど、千秋楽結びの一番まで興味をつないでほしかった。せっかく横綱が二人になったのだから。

ラジオの舞の海さんによると、日馬富士は疲れてきてスタミナ切れだと。そうかもしれないな。また、相手の鶴竜が、このところふがいなかったのに、今日はいい相撲を取った。巻き替えの応酬で見ごたえはあった。最近ずっと思ってるのだが、大関陣は頑張るべきところがずれている。だから大相撲が盛り上がらないのだ。手を抜いて相撲を取れなんて言わないが、相撲のレベルを日々安定させてくれなくては。

今日の稀勢の里も白鵬に圧倒負け。琴奨菊も妙義龍に圧倒負け。琴欧洲に関しては「この内容ではお客さんからお金を取れない」(舞の海)ほどの情けなさ。ため息。

明るい話題は松鳳山だ。素早い動きでいきなり左上手を取って、反応よく投げてスパッと決まった。考えた、気持ちのいい取り口。来場所の新三役は確定的。

明日、二敗の旭天鵬が負けた瞬間、もしくは白鵬が勝った瞬間に優勝決定。確率はかなり高い。

最後にトリビア。
・序ノ口優勝の舛東欧(ハンガリー出身)はメチャメチャ日本語が流暢。びっくりするよ!
・吉田賢アナが幕下の実況。とても珍しいこと。藤井、刈屋、吉田のベテラン三アナは幕内の実況しかしないのだが、今年に入って吉田さんが十両を担当する日が出てきた(人手不足?)幕下は珍しい。数年前に刈屋さんが一度担当したが。今日は予定の船岡アナに代わってのことだと思われる。やっぱり聞きやすいわ~。

・今場所から三輪アナが十両の担当をするようになった。若手で出てきたのはやはり三輪さんかー。順調に育ってね。沢田石アナも有望でイケメンなのだが、九州には来てない。どうでもいいけど、若手で高山アナと高木アナがいて、紛らわしい…