大村崑」タグアーカイブ

平成25年大相撲春場所 十一日目

スポンサードリンク

中継で大村崑氏を発見。神田川氏は毎日、正面の桟敷席にいる。今場所は吉本の芸人さんを見ないなあ。今日は祝日。6回目の満員御礼。

全勝の白鵬、二敗の隠岐の海ともに勝った。昨日の把瑠都に続き、今日の琴奨菊にも白鵬との熱戦を期待した。白鵬は琴奨菊と組むのを避けるため、立ち合い後左で相手の右腕を抱え込み、左に動いて琴奨菊に左を差させないようにした。続いて激しい差し手争い。

その間の琴奨菊の出てくる圧力が強かったので、白鵬は首投げ気味に珍しくも引く動作を見せた。湧く館内。白鵬でもこんなことがあるのだな。しかし琴奨菊がぴったりくっついてくるのを感じ取るや否や、首を引っ張るのをやめ、逆に押し戻すように持っていき、琴奨菊の勢いを削いだ。この反応の良さ。琴奨菊の体は起きて、結局左四つの格好になった。

白鵬が避けた組み手になったのだ。ここで琴奨菊にいい策はなかったものか。琴奨菊は”素直に”右の巻き替えにきた。体を密着させて下手を差し込む隙間をなくし、それを防いだ白鵬。ここだ。この次の手が琴奨菊に欲しかった。巻き替えにいったけど阻まれた、これでは白鵬には勝てない。将棋の読みのように、白鵬の先の動きまで読んで、次々に動かなければ。

ところが先に動いたのは白鵬の方だった。巻き替えを防いだ後に腰を振って琴奨菊の左下手を切って体を寄せると、琴奨菊は呆気なく土俵を割った。反撃に備えて低く下ろされていた白鵬の腰が印象的だった(結果的に低く下ろす必要はなかった)。両者の力の差は歴然だ。

隠岐の海は千代の国の勢いに押されてハッとする場面があったものの、首投げに頼る千代の国の荒さにも助けられて、落ち着いて寄り切った。「微弱ながら頑張ります」とのコメント。ちょっとは欲が出てきたか?彼次第で優勝決定日が決まるからね。

日馬富士、稀勢の里、把瑠都、栃煌山、妙義龍、北太樹。いずれも危なげなく勝利。栃煌山、妙義龍はここ数日はいい相撲。北太樹は3場所連続の勝ち越しを決めた。

テレビ中継の「綱の系譜」のコーナー。今場所は北勝海(八角親方)。
「稽古は好きではないけれど、稽古しなければ勝てない。言い換えると稽古すれば勝てる。稽古は嘘をつかない」
稽古を大切にする心も加味されて横綱に推挙されたという力士。今はここまでする人はいないのかな。私も自分の身に置き換えて襟を正していかなくては。

平成25年大相撲春場所 二日目

スポンサードリンク

向正面に料理の神田川さん発見!いつも大阪場所はほぼ毎日来てる。あと、西の溜まり席にタージン発見!タージンは初めて見た。今年はまだ大村崑さんを見てないなあ。名古屋にもよく来られている。杉山邦博さんはいつものように東の席に。

さすが「荒れる春場所」。二日目にして大関が3人負けた。稀勢の里、琴奨菊、琴欧洲。稀勢の里は特に大相撲ファンの期待度が高いのにね。いつまで経っても応えてくれないようだ。私はとっくの昔に期待するのをやめている。

今日は白鵬が見違えるような完璧な相撲を取った。立ってすぐに左で高安の前まわしをつかんで、同時に右の下手を差した。あっという間に土俵際へ寄り切り。昨日と同じ人とは思えない。よっぽどネジを巻いたのだろうな。鮮やかな勝ち方だった。

日馬富士もちょっと慌てたが、まずまずの勝利。栃ノ心に鋭く当たってから、今日は右まわしを求めた。栃ノ心は勢いに押されて引いた。しかしまわしを取っていたこともあり、落ちることなくついていき、その流れで押し出した。

今日のラジオは解説:舞の海、実況:吉田賢。おもしろかったなあ。やっぱり吉田さんは話を引き出すのがうまい。吉田さんのラジオはいつも「皆さん、こんにちは」で始まる。あの低い声で。

北太樹という、左下手からの速攻が得意な力士(私は彼の相撲が好き)が婚約した話題で

吉「会ってすぐ婚約しちゃったと言ってました。こちらも速攻ですね」
舞「ずいぶん押したんでしょうね」
吉「四つ相撲なのにね」

豪栄道(寝屋川市出身)-勢(交野市出身)の大阪対決で

吉「場内は盛り上がってます」
舞「きっと寝屋川派と交野派に二分されて盛り上がってるんでしょうね」

(私、これには突っ込んだ。いやいや、寝屋川と交野って隣どうしやし!すっごい狭い範囲での話やし!)

稀勢の里が時間になっても、なんか気合いが入ってない様子を見て

舞「稀勢の里はまるで風呂上がりに上気しているような顔してますね」

(どんな顔!ま、わかるけど)

引き技が多い千代大龍が大関・琴奨菊にやはり引き落としで勝った。本人はインタビューで「引き技を反省してます」の弁。それを受けて

舞「反省してる、反省してると言いながら(引き技を)やめないですよね。きっと反省してないんでしょうね」

苦手な相手が多い琴欧洲を評して

舞「琴欧洲は苦手な相手とやるとき、まるで氷の上にいるような感じがします」
吉「あー、それは足がツルツル滑るということですね」

琴欧洲が栃煌山にいい体勢になられてあっけなく負けた後に

吉「いかがですか」
舞「・・・、非常に言いにくいんですが・・・」
吉「言いましょう」
舞「・・・、琴欧洲は技術的に乏しいです。まわしを取るにしても切るにしても、投げるにしても・・・」

ぶっちゃけトーク炸裂。(会話は忠実な再現ではありません。こんなニュアンスだったということで)
概ね、同感。

十両では、ウチの近所の寿司屋と同じ名前の東龍(あずまりゅう)がうまい寿司、いやうまい相撲を見せた。センスがある。注目株。

若荒雄と雅山は両者とも慣れない四つ相撲で4分近い熱戦。最後はベテランの雅山の力が尽きた。

明日のテレビの実況は藤井さん。