式秀」タグアーカイブ

平成25年大相撲春場所 三日目

スポンサードリンク

三日目にして横綱・日馬富士に早くも土。言い古された言葉だが、勝負事は本当に何が起こるかわからない。だから面白い。番狂わせがなかったら、誰も見ない。

とは言うものの、敗因がお粗末だった。100パーセント油断。相手の高安は先場所12勝して地位を上げてきた、期待の星。しかし上位との力の差はまだあり、昨日は白鵬に全く歯が立たなかった(昨日は白鵬が完璧だったこともあるが)。押っつけ(=体を押すこと)がうまくて力も強いので、相手としては立ち合い後からそれを喰らわずに捕まえれば、大丈夫だ。

日馬富士は今日も低く当たって、左の下手がすぐ入り、右でも体を押さえつけた。高安はやっぱり脇が甘い(兄弟子の稀勢の里にそっくりだ。余談)。そのうち右も下手になり、すなわち横綱がもろ差し。こうなれば高安に勝ち目はない。押されて土俵際に。誰もが日馬富士の勝ちを確信した。実況の藤井さんも「寄り切り」と言おうとしたそうだ。

そのとき、日馬富士の左足が流れてしまった。体の動きに足がついていかない格好で土俵に着いてしまった。高安も苦し紛れに突き落とすような素振りをしていて、それも効いたと思っていたのだが、ビデオで見るとほとんど関係ない。日馬富士の自滅だ。体勢十分のもろ差しで土俵際まで寄って「もう勝った」と思った瞬間の心の隙。

慌てる必要はなかった。足を大事に運べばよかったし、もっと安全策をとってまわしに手を掛けておいてもよかった。まさかの一敗。もったいない。

白鵬は、まるで昨日のビデオのようだった。左で前まわし、右で下手。あっという間の出来事。舞の海さんが解説するように、ここから無理に寄って行かないところが、白鵬の余裕だ(日馬富士にはこれがなかった)。相手の栃ノ心の状況を肌で感じて、バランスを崩していると判断するや、揺さぶって、その流れで上手投げ。きれいに決まった。

そして、今日も大関が3人敗れた。鶴竜、琴奨菊、琴欧洲。いずれも惜しい負けとは言い難い。もう詳しく書くのはやめておこう。琴欧洲を教える立場にある秀ノ山親方の解説だけ紹介する。

「(弱点と対策は)これまで何度も教えているが、できない、直らない」

残念だけど、これでは打つ手がない。

今日の幕内の放送は舞の海、秀ノ山、藤井アナで、技術的な話題が多く、通好みだった。
十両は式秀、吉田アナ。式秀親方は本当によく喋る。取組中に叫んだりする。変わった人だ(笑)。高見盛より変わってると思う。そして、言うことが的確なのが憎いところ。

さあ、日馬富士にもう油断は許されない。

平成25年大相撲初場所 初日

スポンサードリンク

今年も大相撲が始まった!新年になって、ちょっと落ち着いたら初場所が来て、終わったら1月ももう終わり、あらまあなんと早いこと。。というのが例年の感覚。

今年、盛り上がるか否かのポイントを敢えて1つ挙げると
「日馬富士がどれだけ横綱らしくなってくれるか」
にかかっていると私は思う。新横綱、軽量、故障持ちの日馬富士には重責かもしれないけど、横綱とはそういう地位なのだ。できなければ去るのみ。

千秋楽結びの一番の横綱対決がどれだけ盛り上がるか。たとえ日馬富士が優勝に絡んでなくても、「白鵬が負ければ優勝決定戦!」みたいな状況で日馬富士が勝てるかどうか。そんな意地だけは誰にも負けない力士になってほしい。

さて初日。結論から言うと、関脇以上の8人が全て安泰だった。最近ではとても珍しい現象。しかし本当の意味で安泰だったのは白鵬だけ。あとの7人はヒヤヒヤもの。そういう星でも拾えるのが上位陣たる者だとも言えるのだが。

白鵬の相手は先場所大活躍の新小結・松鳳山。場所前に横綱は松鳳山相手に稽古を重ね、全く寄せ付けなかったそうだ。力をつけてきた新鋭を指名して徹底的に稽古する・・・これは横綱がよくやること。狙いは2つある。まず、相手の実力を肌で感じること(それを踏まえて本場所に備える)。次に、横綱の責任として後進の相手をし育てること(これは横綱の実力を見せつけることにもなる)。実は括弧内のことが重要であって、新鋭は横綱の力に萎縮して本場所を迎えることにもなる。そう、この世界、甘くはない。

その稽古の最後、白鵬の肘が松鳳山の顔に入って脳しんとうを起こした。これは強烈だ。何番とっても勝てなくて、挙げ句の果てに気を失って終わったのだから。トラウマになるよ。白鵬もちょっとやりすぎ。

その影響か、今日の松鳳山は頭で当たらずに両手突きでいった。白鵬はそれも読んでいたかの如く、その手をはね上げバランスを崩させて一気に押し倒した。いいところなしの松鳳山。何もできなかった。

両手突きが敗因かもしれないが、それも作戦の一つだったと私は思う。ただ、突いた後に横に動くなりしてほしかった。まともに突くだけでは横綱には通用しない。動いて、慌てさせなきゃ。

白鵬にいいようにやられてしまったな、松鳳山。彼は今日からまわしを金色に変えてきた。金のまわしというのはカッコイイけど昔から”いわく付き”で、それを境に調子を落とすことがよくあるのだ。そうならなければいいけど。

焦点の人、日馬富士は栃煌山を寄り切ったものの、彼らしくない慎重な取り口だったゆえ、ハラハラした。土俵際まで押される場面があったが、よく見ると栃煌山の差し手を嫌って自ら離れていっている。栃煌山に差されると厄介だからね。冷静だ。こうして白星を重ねていくと、らしさも出てくるだろう。

初場所初日から満員御礼。それも当日券は午前中に売り切れたそうだ。九州場所とは雲泥の差。東京は人口が多いから、だけの理由だろうか?客席が沸く取組も結構あったし、この状況が続いてくれれば。

十両の式秀親方(北桜)の解説が面白くて仕方がない。よく喋る、取組に入り込む、話が飛ぶ、そして愛嬌がある、憎めない、天然だ。次回は十三日目の幕下の解説。

平成24年大相撲九州場所 六日目

スポンサードリンク

稀勢の里、連敗ですなあ。やっぱりもろい。どっしりしてない、軽い感じ。組み止められないし、土俵際まで追い込んでもスルッと入れ替わられる。まわしを引いて、基本にのっとってやってないからだろうな。

相手の豪栄道はこれで六連勝。白鵬と並んでトップを走る。正直、豪栄道にはあまり注目してなかったのでどこがいいのか掴めてないのだが、立ち合いが低くて体がよく動いていることは確か。波に乗ると突っ走る力士なので、どこまで連勝が伸びるかだ。こういう相手と当たった稀勢の里がついてないとも言える。

今日は解説の北の富士さんから厳しい指摘が連発。幕内前半戦の相撲の覇気のなさ、負けたのに笑いながら帰って行く千代大龍(これはホンマにアカン!)、今場所は持ち味を出せない高安、琴奨菊の右から抱える悪い癖。実況の大坂さん、お疲れ様。おとといはラジオで舞の海さんの苦言に付き合ったよね。(あなたが言わせるように振ってるんじゃないの??)

向正面の解説は来年1月で協会を定年になる式秀親方(元 大潮)。大潮は平幕力士だったけど、通算勝ち星数の記録などで今でも必ず名前が出てくる力士。定年報告パーティーを地元の北九州で開いたら、800人が集まったそうだ。経歴は地味だけど、800人だよ!語り口にも人柄の良さがにじみでていた。横綱としてスポットライトを浴び続けて送る道もあり、平幕からコツコツ積み上げてきた道もあり。

さて、明日は藤井さんの実況です。