栃ノ心」タグアーカイブ

平成25年大相撲夏場所 五日目

スポンサードリンク

琴奨菊と琴欧洲が負け、大関陣の無敗記録は昨日でストップ。それよりも日馬富士が二敗目を喫してしまった。

栃煌山に思った通りのことをやられた。日馬富士は立ち合い後の当たりは低いものの、今場所はすぐ上体が起きてしまう。相手に効いていないので、栃煌山にすぐに左を差された。昨日も書いたように、彼はもろ差し狙いの力士。右を巻き替えてくるのは基本中の基本だが、横綱は易々と許してしまった。それでも元気な日馬富士ならば、瞬間的に巻き替え返すところ。それが、ない。もろ差しになられたまま。栃煌山は肘を張って日馬富士の上手を切った。これも教科書通り。絶体絶命の横綱は苦し紛れの首投げを打つ。これもよくある動き。豪栄道がよくやる、墓穴を掘る手だ。それがかえって栃煌山の体を引き寄せてしまい、焦りが増した日馬富士は肩すかしを見事に喰って惨めに落ちた。目を覆いたくなる相撲だ。

次に土俵に上がった結びの一番の白鵬。栃ノ心を相手に、すぐに右差し左上手。強引にちょうど一回転振り回して上手投げの完勝。強さを見せつけた。私は、白鵬は怒っていたと見る。怒りの矛先はもちろん、ふがいない日馬富士。本当は日馬富士を投げ飛ばしたかったのではなかろうか。白鵬はこのような活を入れる相撲をよく取る。第一人者としての気持ち、責任感。

日馬富士が危ない。もしかしたら私は今場所の国技館で日馬富士の姿を目にすることができないかもしれない。

平成25年大相撲春場所 四日目

スポンサードリンク

さあ、日馬富士にもう油断は許されない。

昨日、この一文で締めた。
願いも虚しく、日馬富士が連敗した。

負け方が悪い。相手は千代大龍という、言わばポッと出の力士(彼には申し訳ないが)。押す力が十分にあってそれを伸ばすべきなのに、安易な引き技に味をしめて頼ってしまっている若手。それでは上位には通用しない。いま十両に落ちている若荒雄がその典型だ。そんなに甘くないぞ!横綱・大関陣は身をもって教えてやらねばならない。

今日の日馬富士、その千代大龍に引き落としで敗れた。粘ることもなく、一瞬の出来事だった。

千代大龍にこういう形で金星を配給してしまった罪は重い、と私は考える。金星=基本給アップ(1つにつき4万円らしい)。引退するまでずっと続く。

日馬富士は堅かった。ガチガチだった。立ち合い後の当たりがいつもより弱く押し込まれたこともあるが、その後の体の柔軟性がまるでなかった。なので千代大龍のベタな引きに、つっかえ棒がなくなった如くあっけなく落ちた。いつもの横綱なら残せるはずだった。

硬さの原因は、連敗することへの恐怖感だろうか。私はそう見る。最後の詰めが甘かった昨日。慎重にいかなければならない、慎重に・・・その気持ちが過ぎた。「大胆かつ細心に」言うは簡単。勝負事は難しい。しかし、日馬富士の肩を持つわけにはいかない。

その後の結びの一番、白鵬には怒気迫るものを感じた。今日は大関の稀勢の里、琴欧洲も負けており、あまりにもふがいない上位陣に怒っている、そんな風に見えた。相手が先場所不覚をとった妙義龍でもあるし。

今日の白鵬は左の脇を締めて押っつけていった。踏み込みは鋭く、体勢は低い。それでも妙義龍の右がのぞきかけたが、すぐに体を離して振りほどき、左にまわって脇について、そのまま土俵の下まで押し出した。落ちた妙義龍にポンとダメを押した。これは本来は誉められたことではないのだが、今日はなんとなくわかる。日馬富士や大関陣、しっかりせんかい!そういうメッセージに思えた。

大関陣。確かに栃煌山にいい攻めをされたものの、立ち腰で突き落としを狙うことしかできない稀勢の里。せっかくまわしを取ったのにその後の攻め手がなく、栃ノ心のいいようにされた琴欧洲。琴欧洲に関しては放送席から「体がどこか悪いのでは?」との声が出ていた。そうなのかな。三連敗だからね。休場もありうる。彼を今場所の注目力士に挙げた私はまだまだだなあ。

白鵬独走の予感がぷんぷんする。観戦しに行く十四日目、そこまで優勝争いは続いているのだろうか?

ちなみに、十両の実況はベテラン三人衆の一人、刈屋さんだった。これは大変珍しかった。昨年の名古屋場所五日目以来。向正面のレポートもベテラン藤井さんで、とても贅沢な十両中継だった。

十両のレポートが藤井さんだったということは、明日の幕内の実況も藤井さんなのだ(そういうローテーションになっている)。昨日実況したばかりなのに、これも珍しい。アナウンサーが不足しているのか??

平成25年大相撲春場所 三日目

スポンサードリンク

三日目にして横綱・日馬富士に早くも土。言い古された言葉だが、勝負事は本当に何が起こるかわからない。だから面白い。番狂わせがなかったら、誰も見ない。

とは言うものの、敗因がお粗末だった。100パーセント油断。相手の高安は先場所12勝して地位を上げてきた、期待の星。しかし上位との力の差はまだあり、昨日は白鵬に全く歯が立たなかった(昨日は白鵬が完璧だったこともあるが)。押っつけ(=体を押すこと)がうまくて力も強いので、相手としては立ち合い後からそれを喰らわずに捕まえれば、大丈夫だ。

日馬富士は今日も低く当たって、左の下手がすぐ入り、右でも体を押さえつけた。高安はやっぱり脇が甘い(兄弟子の稀勢の里にそっくりだ。余談)。そのうち右も下手になり、すなわち横綱がもろ差し。こうなれば高安に勝ち目はない。押されて土俵際に。誰もが日馬富士の勝ちを確信した。実況の藤井さんも「寄り切り」と言おうとしたそうだ。

そのとき、日馬富士の左足が流れてしまった。体の動きに足がついていかない格好で土俵に着いてしまった。高安も苦し紛れに突き落とすような素振りをしていて、それも効いたと思っていたのだが、ビデオで見るとほとんど関係ない。日馬富士の自滅だ。体勢十分のもろ差しで土俵際まで寄って「もう勝った」と思った瞬間の心の隙。

慌てる必要はなかった。足を大事に運べばよかったし、もっと安全策をとってまわしに手を掛けておいてもよかった。まさかの一敗。もったいない。

白鵬は、まるで昨日のビデオのようだった。左で前まわし、右で下手。あっという間の出来事。舞の海さんが解説するように、ここから無理に寄って行かないところが、白鵬の余裕だ(日馬富士にはこれがなかった)。相手の栃ノ心の状況を肌で感じて、バランスを崩していると判断するや、揺さぶって、その流れで上手投げ。きれいに決まった。

そして、今日も大関が3人敗れた。鶴竜、琴奨菊、琴欧洲。いずれも惜しい負けとは言い難い。もう詳しく書くのはやめておこう。琴欧洲を教える立場にある秀ノ山親方の解説だけ紹介する。

「(弱点と対策は)これまで何度も教えているが、できない、直らない」

残念だけど、これでは打つ手がない。

今日の幕内の放送は舞の海、秀ノ山、藤井アナで、技術的な話題が多く、通好みだった。
十両は式秀、吉田アナ。式秀親方は本当によく喋る。取組中に叫んだりする。変わった人だ(笑)。高見盛より変わってると思う。そして、言うことが的確なのが憎いところ。

さあ、日馬富士にもう油断は許されない。