栃乃若」タグアーカイブ

平成25年大相撲春場所 七日目

スポンサードリンク

横綱との対戦でここでも取り上げた千代大龍が今日から休場。右足の中足骨の骨折だそうだ。驚いた。昨日の白鵬との対戦でやったのだろうな。そんな気配は感じられなかった。横綱を敗っているので勝ち越せば敢闘賞というボーナスももらえたのにな。世の中、そんなにうまくはいかない。

栃乃若も休場。大腿二頭筋の筋断裂で2か月の加療を要するらしい。こちらは昨日まで6連敗、右太ももの包帯が痛々しく、そもそも出場することに無理があった。今場所も休場力士が多い。豊真将も今年に入ってから見てない(おそらく来場所は幕下に陥落)。現地での観戦を楽しみにしている者(=私)にとっては寂しい限り。

両横綱は今日も安泰。日馬富士は地元大阪出身で声援が大きい勢(いきおい、というしこ名)に手こずった。勢は自分の得意な右の下手にこだわった。取るのに失敗しても何度もトライ。この姿勢は大いに良かったと思う。日馬富士は捕まえることができず、焦って張り手を連発(この「横綱の張り手」に舞の海さんが苦言。私も同感)。最後はまわしを取って寄り倒した。日馬富士も勢も機敏な動きが光った。

白鵬は時天空相手に珍しくも時間前に(=制限時間いっぱいになる前に)立った。時間前の白鵬、私は初めて見たんじゃないかな。すぐに左で前まわしを取り、投げで体勢を崩してから寄り切った。

試合後の談話:白鵬「時天空から立つぞ立つぞという気を感じて、立てるものなら立ってみろ、と自分から立った」。
時天空「横綱に勝つには(意表を突いて)時間前に立つしかないと思った。白鵬が立ったとき行司が止めるような素振りをしたので対応が遅れてしまった」。

気づかなかったが、VTRで見ると確かに時天空は気合い十分で仕切っていた。しかし、白鵬に先に立たれて主導権を握られたのでは何にもならない。作戦は大失敗。それにしても白鵬の「立てるものなら立ってみろ」という気の強さはさすがだ。

昨日ここでちょっと期待を寄せた把瑠都、土俵際できれいに飛んで、負けた。何をするにも派手な人だ。これを「華がある」と言うのだろうか?こういう力士も上位にいてもらわないとね。しかし、私が期待するとダメなのか?寂しいな。勢いよく出たら、高安に右下手を切られて苦し紛れに投げられて、飛んだ。

苦し紛れというと豪栄道もだ。栃煌山に体勢十分にされて寄られて苦し紛れに下手投げを打ったのが、運良く決まった。これも豪栄道らしい。勝てたからいいや、と思うのか、十分になられたのを大いに反省するのか。これが大関になれないか、なれるかの分岐点、と言うのは厳しいかな。

テレビのゲストは元・高見盛の振分親方だった。朝青龍の右のかいなを返して勝ったVTRが流れた。相手のかいな(=腕)を返すとは、相手の脇に差し込んだ腕を徐々に上げること。相手の腕はそれが邪魔になってバンザイのような格好になり、全く使えなくなる。とても有効な技だ。高見盛は独特のパフォーマンスばかりが注目されるが、右のかいなを返す名人だった。そりゃあもう、面白いくらいに返していた。朝青龍にそれで勝った相撲、思えばそこが高見盛という力士の全盛時だったかもしれない。

入門時のインタビューや、貴乃花との一番や、曙の土俵入りで露払いを務めたとき、そして右肩を柱に思い切りぶつけて稽古する風景などのVTRも紹介された。あらためて、個性的な力士だった。それにしても、入門時のメガネのレンズの大きさは半端じゃなかった。顔の半分くらいがレンズだった。ホントの話。コントみたい。

そんなテレビの中継の裏でラジオを担当していたのが藤井アナ。ラジオは今場所もう2回目。珍しいなあ。テレビの十両の実況は刈屋さんで、これも2回目。ベテラン、働いている。

雅山の連敗がストップした。よかった。

平成25年大相撲初場所 千秋楽

スポンサードリンク

優勝を決めていた日馬富士が白鵬を退けて、全勝優勝を飾った。見事な復活劇。

終わってみれば今場所は、日馬富士の立ち合いの鋭さ、これ一点に尽きると思う。序盤戦こそ用心深く入っていたが、場所が進むにつれて、その強さと低さに磨きがかかり誰も太刀打ちできなかった。当たられると自分の体勢が崩れてしまって、立て直す前に来る日馬富士の次の攻撃に対応できずに負けてしまうのだ。

今日の相手、白鵬にしてもそうだった。立ち合い後の当たりが強いので一瞬起こされる。その隙に日馬富士の下手が左、右と入る。それも深く入る。肩まで入って、完全に密着している。白鵬がこんな格好ですぐにもろ差しされるのは極めて珍しい。

そのまま寄られるのを右に回り込んで避けた白鵬は、その流れに乗じて右の上手を取ろうと手を伸ばす。が、日馬富士は腰を振って取らせない。この対応も見事。しばらく動きが止まる。白鵬はもろ差しを許し、自分は抱えているだけという不利な体勢。どうやって打開するのか。

白鵬は腰を振って日馬富士の右下手を切る。その瞬間に、それを待っていたかのように、日馬富士は切れた右手を抜いて、左下手からの投げ。よく見ると抜いた右手で白鵬の右足に素早く手を掛けている。それが難なくできるほど、日馬富士の体勢は低かった。

こらえるために再び体が起きて、無防備な状態の白鵬。そこに日馬富士は再度密着していき、右で今度は前まわしを引き、寄り立てる。白鵬は苦し紛れに右からの投げで逆転しようとするが間に合わず、土俵下に落ちた。

「日馬富士に(大相撲界の)主役の座を取って代わられるかもしれないね」解説の北の富士さんは言った。確かに一方的な相撲だった。白鵬にいい所はなかった。もろ差しをすぐ許した。そう指摘するのもわかるけど、白鵬からすれば、星の差二つ、優勝はもう決まってしまった、日馬富士にいい立ち合いをされた、これらで勝利への執着心が薄れたことは否めないと思う。危機感を持って望むであろう翌場所の白鵬に期待する。

しかし、横綱決戦とは、一方的になっても、いい相撲になっても、いろいろ思う所はあるものだ。

今日の朝刊に日馬富士の「(万全でない)足がよくもってくれた」という、優勝後のコメントが載っていた。不安を抱えながらの毎日だったんだな。十五戦全勝は素晴らしい。恐れ入った。これで足が治るとどこまで強くなるのだろう。

今場所は横綱の強さが目立った反面、若手の活躍が見られなかった。先場所湧かした松鳳山は三役を意識したのか相撲を崩し、舛ノ山も勝てなくなった(相手に研究されたのか)。前半よかった栃乃若、宝富士、北大樹もだんだん失速(勝ち越せたけど)。妙義龍は別人のように前に落ちたりあっさり寄り切られたりで、とても残念。豪栄道と栃煌山は(期待してなかったけど、やっぱり)八勝七敗で、なんとか勝ち越しただけ。そして把瑠都は大関復帰ならず。

大関陣も鶴竜と琴奨菊は八勝どまり。稀勢の里はいい兆し(粘り強い相撲)が見えたのに、肝心の相手にそれができない。ただ、琴欧洲は白鵬戦で見せた素早く前まわしを取る相撲が二日間続いた。今日も落ち着いていた。これが来場所に続くかどうか(期待はしないけど)。

高見盛は今日は下手をうまく取る、彼ならではの相撲で勝ったが、幕下陥落は決定的で、引退を表明した。今日のお客さんからの拍手は鳴り響いていた。それが引退を思いとどまらせるのでは、と期待したのだが、決意は堅かった。特徴ある力士が、また去る。苦労人の武州山も引退。

満員御礼が(優勝決定後の)今日も含めて六回出た。二人横綱の効果かな。東京では人気回復傾向?来場所の大阪ではどうだろう。友だちにお願いしているので私も見に行く予定。

日馬富士を中心に回った、平成二十五年初場所(一月場所)終了。

平成25年大相撲初場所 六日目

スポンサードリンク

日馬富士が自分の相撲を取りきって、無傷の六連勝。北大樹が負けたので幕内勝ちっ放しは日馬富士だけ。前傾姿勢で”突き刺さるような”当たり。それで松鳳山を一瞬下げさせて、再び来ようとしたところを低い体勢でもぐりこんで捕まえた。そして一気に寄り切り。この一連の流れるような動き、素早さ。日馬富士の魅力だ。

もぐるときに腰をもう一段、落としたのは「絶対に低くいくぞ」という気持ちの表れか。突っ張ってきた松鳳山へのフェイントの意味もあっただろう。こんなに俊敏な力士は日馬富士の他にはいない。

横綱昇進、大関昇進した力士は、自分の相撲がこのままでいいのかを振り返るらしい。地位に見合った相撲を取っているか?単に自分さえ勝てばいいのか?下位の者の力をしっかり受け止めなければいけないのではないか?この迷いが生じて相撲がわからなくなり、調子を崩してしまう人が多い。(日馬富士は大関に上がった直後に苦しんだ)

この意識は大切で、例えば強い人が立ち合いに変化(まっすぐ当たらずに横に逃げること)など、してほしくない。しかし頭を相手の懐につけたり、もろ差し(左右とも下手をとること)を狙ったりするのは、許されるのではないのかなあ。その取り方で勝ってきて昇進したのだから。

日馬富士の今日の相撲は、横綱らしい・らしくないに分ければ、後者かもしれない。自分より小さい松鳳山の下にもぐり込んだのだから。でもその動きが日馬富士らしいんだよなあ。多くの人がそう思ってるはず。突き刺さる当たりと速さが戻ってきて嬉しいはず。迷わずに、この調子で突っ走ってほしい。

白鵬は今日も万全で、一敗をキープ。こちらは二日連続のもろ差しだ。偶然続いただけかもしれないが、白鵬にもろ差しになられたら、相手は何もできない。

テレビの解説は中村親方(元・富士櫻)と北陣親方(元・麒麟児)。富士櫻vs麒麟児の激しい突っ張りの相撲は伝説となっている。あわせて百発以上の応酬。よくあんなに手が出るなあと驚くし、引いて決めよう(体をかわして相手を前に倒れさせる)とお互いに微塵も思っていないところが素晴らしい。

もうすぐ相撲協会定年の中村親方は現役時代、横綱と対戦して突っ張れることが楽しみで、わくわくしたそうだ。今も日馬富士を突っ張ってみたい、と言っていた(白鵬は体が柔らかいので突っ張りはあまり効かないらしい)。本当に相撲が好きなんだなあ。なんか、いいなあ。今の若手にもよく聞いてほしい話だ。

把瑠都は鶴竜に完全に懐に入られて三敗目。十勝して大関に復帰するには苦しい。
ベテラン雅山は六連敗。日に日に淡泊になって相撲が悪くなってきた。
栃乃若が先場所に続いて好調。ケガが治ってすっかり元通りだ。二場所後には三役も狙える力士。

中村親方によると「櫻(桜)」をしこ名につけるのは、縁起があまりよくないそうだ。すぐに咲いてパッと散るから。なるほど。日本を代表する花なのにね。

今日も林家ペー・パー子の両人がピンクの衣装でご観戦。あと何回来る?