舞の海」タグアーカイブ

平成25年大相撲夏場所 三日目

スポンサードリンク

今日のテレビの解説の舞の海氏は言った。「日馬富士が横綱の地位をずっと守っていくのは『いばらの道』です」と。

昨日のこの観戦記の最後で隆の山のことを書いた。「細くて小さくて幕内には定着できなくても、拍手をもらえる相撲は取れる」。幕内に定着できなくても・・・。図らずも前提条件のように書いてしまった。もちろん日馬富士と隆の山とでは実力差がありすぎるが、泣き所は似ている。そして、日馬富士は横綱に定着しなくてはならない。できなければ、待っているのは「引退」の二文字。大げさなようではあるけど、日馬富士という力士がこれからどのような生き様を見せてくれるのか、注目したい。(実は好きなのですよ、日馬富士のことは)

足首のケガさえなければなあ・・・。本人に代わって勝手につぶやいておいた。

その日馬富士、連敗は免れた。寂しいが、「免れた」という表現がピッタリだった。相手は自身の最高位、前頭二枚目まで上がってきた北太樹。攻めが早くて気っ風のいい相撲を見せてくれる力士で、私は幕内に上がった頃からずっと密かに応援している。いい時期悪い時期を繰り返しながら、やっとここまで来た。

そんな北太樹には申し訳ないのだが、日馬富士にとっては圧勝しなければならない相手だ。負けた翌日に彼と対戦するのはラッキーだと言える。しかし、土俵際まで押し込まれること二度、最後もなんとか上手投げで切り抜けたという格好だ。自信喪失がうかがえる取り口。立ち合い後の張り手が全く効いていないのが寂しさに輪を掛ける。まあ、勝ちは勝ち。復調を待とう。

では白鵬は万全かというと、本当はそうでもないのだ。それでも星を拾っていける、白鵬の強さ。

向正面の解説は中立親方(元・小城錦)。幕内解説は平成23年秋場所以来。舞の海氏とはまた異なる理論派でおもしろかった。

平成25年大相撲夏場所 初日

スポンサードリンク

上位陣は関脇まで含めて安泰で始まった。日馬富士は全勝優勝した初場所のような素早い動き。白鵬は栃煌山に一瞬すくわれかけたが落ち着いてさばいた。

場所前の大きな話題は稀勢の里が出稽古(でげいこ)に出たこと。練習相手を求めて他の部屋に出かけていくことを出稽古という。同部屋の力士ばかりを相手にしていては、手の内もわかってきて緊張感もなくなる。横綱・大関クラスの立場からすると、自分と同等の力を持つ相手がいないことが多い。もっと稽古の質を上げるために出稽古は有効だとされている。

稀勢の里が所属する鳴門部屋は、先代の鳴戸親方の意向により出稽古に出ることに消極的だった。確かな理由は私にはわからないが、確かに出稽古のデメリットはある。こちらの実力や手の内がわかってしまうことだ。研究の材料を与えてしまう。自分の部屋だけで強くなることができれば、理想的には違いない。出稽古の長所・短所どちらを取るか。

稀勢の里にはほとんどの親方や解説者が出稽古の必要性を説いていた。期待されながらいつも今一つである稀勢の里、言われても仕方がない。稀勢の里にライバル心を燃やす日馬富士が、今年になって横綱にもかかわらず鳴門部屋に出稽古に連日出向いて実力を伸ばした、ということにも刺激を受けたのであろう。

今場所前、稀勢の里は精力的に出稽古に出た。解説の北の富士氏は彼を注目力士の一番手に挙げ、舞の海氏には「全力士の中でいちばんいい稽古をしていた」と言わしめた。絶賛である。そう言うのは私もわかる。しかし、忘れてやいませんか。稀勢の里とは今まで期待を裏切ってきた力士だということを。

危なかった、今日の稀勢の里。脇の甘さは健在。妙義龍に土俵際で逆転の小手投げで辛勝した。いつまで経ってもはらはらさせてくれる力士だ。どうなることやら。

初日。北の富士、舞の海、藤井アナのトリオで「始まったなあ」という、この感じがいいね。今場所は外出機会が多く、抜ける日が多くなりますがよろしくお願いします。うち一日はとうとう国技館で観戦する予定。

平成25年大相撲春場所 千秋楽

スポンサードリンク

荒れた春場所も、終わってみれば白鵬の9回目の全勝優勝。8回の双葉山、大鵬を抜いたとされる。優勝回数24は北の湖に匹敵。白鵬の独壇場だった時期が長く(今もか?)強さは単純に比較できないものの、名横綱であることは間違いなかろう。

横綱対決を心配していた。昨日も横綱らしからぬ負け方で集中力がぷっつり切れたと思われる日馬富士。一方、様々な記録がかかる白鵬。立ち合い後すぐに日馬富士がばったり落ちる光景が目に浮かんでいた。

しかし日馬富士は今できる限りの抵抗はしてくれたと思う。突き刺さるような立ち合いは今日は有効で、自然に左四つに組み合った。日馬富士はまわしを引きつけて土俵際まで寄ったが、白鵬は左からの上手投げでこらえた。解説の北の富士氏は日馬富士が寄るときに外掛けをかけても面白かったと指摘。なるほど。日馬富士が体調万全ならそうしていたかも。

日馬富士は続けて寄り立てたが、白鵬はなんとか我慢し、土俵中央まで戻した。そしてすかさず腰を振って日馬富士の左下手を切った。日馬富士は右上手一本、白鵬は左下手一本で半身の状態。体勢は前傾姿勢の日馬富士が有利。

白鵬は右手で日馬富士の腰をポンと叩いた。これを白鵬はよくやる。まわしを取りにきたかと思った日馬富士の体がピンと動く。それに乗じて白鵬は左からの下手投げ。この合わせ技がうまい。日馬富士は左足一本でケンケンして残した。足首を傷めているのによく残した。

残して体勢が戻る際に日馬富士はまた左下手を取った。そして右を巻き替える。成功して右も下手になればもろ差しだ。しかし成功した瞬間に白鵬にも右を巻き替えられた。これで右四つのがっぷりに変わった。この一連のお互いの動きの素早さ。スローで見ないとわからないほど。

長い膠着状態。お互い何を考えているのか。白鵬は意を決してまわしを引きつけ日馬富士を起こして、右にカニ歩きに近い形で寄って行った。いわゆる「横づり」。白鵬は右の下手を取っているので、右に横づりするのが定跡だ。基本通りの手堅い相撲。土俵に左足が当たって、そこで再び一本足でこらえる日馬富士。足首は大丈夫か。最後は崩れるように落ちて、左足をかばう日馬富士。手に力が入る熱戦だった。汗びっしょりの白鵬は今日も間違えて東に戻りかけるほど、集中していた。15個目の白星は簡単ではなかった。

さすが横綱対決。日馬富士は結局6敗もしてしまい、きっと横綱審議委員会のおっさん連中からは苦言が呈されるだろうが、今日の相撲は評価してあげてほしい。

優勝インタビューで白鵬は、1月に亡くなった大鵬さんへの黙祷を提案し、館内全員で行った。これには驚いたが、その気持ちが嬉しかった。自分が強くなっても先人を敬い尊ぶ心。人間的にもかなわない人だ。

雅山の引退も、覚悟はしていたけれど、大きなニュース。大関にまで上がって、陥落してからも腐ることなく真摯に相撲を取り続けた。引き技は私は好きではないのだが(好きだという人はまずいまい)、雅山のは別格。引く前の押し、駆け引き、引くタイミング、それらが組み合わさった名人芸だった。若手が苦し紛れに引くのとはモノが違う。が、年齢には勝てず、押す力が弱くなって通じなくなった。これからは二子山親方となって、ゆくゆくは部屋を再興するのかな。

問題の大関陣は稀勢の里が10勝、琴奨菊と鶴竜が8勝どまり、琴欧洲は休場で来場所カド番。もうここらに期待しても仕方ない。
豪栄道、栃煌山は10勝で、大関を狙うにはまだ遠い。稽古してひと皮剥けるのはいつの日か。把瑠都は9勝、白鵬キラーとしての存在を期待する。

体調が悪かった安美錦に代わって新小結に上がりそうなのが隠岐の海。跳ね返されるだろうが、1人でも上位陣を倒せるか。前頭上位に上がってくる北太樹にも同じことが言える。

今場所は藤井康生アナのテレビの実況が4回、ラジオが2回もあった。千秋楽の北の富士、舞の海、藤井による場所の振り返りには今日も楽しませてもらった。隠岐の海についての談義は、ここで文字に起こしたいくらいだった。

今回もお付き合いありがとうございました。また、来場所。