豊ノ島」タグアーカイブ

平成25年大相撲春場所 十日目

スポンサードリンク

今日は白鵬と把瑠都の熱戦、これしかない。ビデオを永久保存する価値がある。白鵬の技術と速さには、本当に恐れ入った。勉強になることがたくさん詰まっていた。把瑠都もよく善戦した。

立ち合い後、白鵬はいつものように左前まわし狙い。手がかかったが把瑠都の突きの圧力で取れなかった。再びかけた手も把瑠都の右手によって無理矢理切られた。把瑠都はすかさず両手突き。察知した白鵬はその手を両手で払った(この動きが素晴らしい!)。その勢いでお互いの両手が流れて、自然と右四つの形になった。

白鵬は右下手、左上手。把瑠都は右下手のみ。怪力の把瑠都に上手も与えれば振り回されてしまう。把瑠都が上手をとれるかどうか、これが焦点だ。白鵬は上体をほぼ水平にして把瑠都から腰を遠くして左上手を許さない。一方、白鵬が取っている右下手のまわしは一枚(=何重にも巻いているまわしのいちばん上の一枚のみをつかんでいる。力が伝わりにくい)。白鵬も決していい体勢ではない。

白鵬は腰を振って把瑠都の右下手を切った。この瞬間、把瑠都は左右ともまわしを取れていない。それを避けたい把瑠都はそのタイミングで左上手を取りに行った。腰を振った白鵬の体が起きたため、手が届くようになったからだ(この動きが速かった。把瑠都は予想していたのだろうか?)。

把瑠都に上手を取られては絶対にいけない。白鵬は再び手を届かなくするために、体を右に開いて左からの出し投げを打った(この反応の良さ!)。また左上手を取れなかった把瑠都。しかし逆に、右はまた近くなったので、右下手を再び取った(これもよく取った)。

膠着状態。把瑠都は左手で無双を切り(=白鵬の足を手で払う)にいくが手は届かず。白鵬は腰を数回振って右下手をまた切った。把瑠都はまたすぐ左上手を探る。今度は肩越しだ。白鵬はそれを上体を上に伸ばして防いだ。(なるほど、肩越しの上手は背伸びする格好になると届かなくなるので防げる。勉強になった)。だがその分また右下手が届くようになり、また与えてしまった。この一連の上手・下手の攻防は見ごたえがあった。

把瑠都は我慢できなくなったのだろうか。左上手狙いをやめて巻き替えにいった(今、把瑠都の左側は白鵬の右下手が入っている。その下手より内側に自分の左手を差し込んで左下手を取ろうとすることが「巻き替え」)。巻き替えに成功されると、白鵬は把瑠都にもろ差しになられる。その体勢も非常に不利だ。防がねばならない。それには、手を差し込むすき間がないほど体を密着させればいい。白鵬は体を右に動かし相手を回転させる動作ですき間をなくし、防いだ(この反応も見事!)。

それでも把瑠都は再び巻き替えにいった。白鵬はこれを今度は腰を振って切った。同時に白鵬の右下手も切れた(自分から離したのかな?)。ここで、ちょっとした間が生じた。把瑠都がひと息ついたように見えた。そのとき白鵬の左上手から土俵に打ち付けるように出し投げ。タイミング良く把瑠都の体がきれいに転がった。長い戦いを制してホッとした白鵬は、勘違いして東に戻りかけたほどだ。支度部屋に戻る把瑠都は逆に悔しい顔。把瑠都のこういう顔を見るのは珍しい。

右下手とか左上手とか、ややこしくてすみません。映像で見てもらえればよくわかるのだけどね。いや、映像でもスローで見て初めて気づいたことがたくさんあった。白鵬という力士の身体能力、反射神経の高さにほれぼれした一番だった。把瑠都にも先の先まで読んで準備しておく能力があれば、勝機が十分あった。

白鵬が十連勝。琴奨菊が豊ノ島に十分の体勢になられて三敗に後退。二敗は阿覧を寄り切った隠岐の海だけになった。優勝争いの興味はほぼなくなったが、上記のような一番がある限り、相撲はおもしろい。

平成25年大相撲春場所 九日目

スポンサードリンク

白鵬は脂が乗ってきた。好調の豊ノ島に左まわしは取れなかったものの、反対側の差し手(豊ノ島から見て左差し。豊ノ島にこれを取られると厄介)は許さず。豊ノ島は右を差して白鵬のかいなを返しかけた(バンザイの体勢)が、横綱は素早く逃れてのど輪攻め(喉を手のひらで押し上げること)。体が反ってしまった豊ノ島。のど輪をタイミング良く外されると、つっかえ棒がなくなった反動でバタンと前に落ちた。

なにしろ白鵬の一連の動作が速い。負ける気配がない。全勝優勝するとその回数が歴代単独トップになる(現在の1位は双葉山、大鵬、白鵬の8回)。狙っているだろう。今場所はチャンスだ。それを目標に定めると、他の力士が一敗であろうと二敗、三敗であろうと関係ない。数字の記録というのは、そういう背中の押し方もしてくれるのだね。

全勝が白鵬。一敗はいなくて、二敗が昨日は10人くらい、うじゃうじゃいた。今日終わってみると、二敗に残ったのは琴奨菊と隠岐の海の2人だけで、うじゃうじゃ軍団が3敗にこぞって落ちた。ま、もう白鵬優勝で決まりだからいいんだけど、なんだかなあ。

うじゃうじゃ軍団に把瑠都もいる。日馬富士に引きずり下ろされた。今日の日馬富士の当たりはそこそこ強く、押し込まれた把瑠都は力任せに前に出た。大雑把さ、健在。押し返された日馬富士は土俵際で体をかわして突き落とすと、把瑠都は昨日に続いて土俵下に飛んだ。まったく、よく飛ぶ人だ。もうちょっと緻密さがあれば、強い横綱になると思うのだがなあ。日馬富士は突き落とす際に左膝を傷めたっぽい。明日からどうなるだろう。

二敗に、素質は十分なのにのんびりしていて伸び悩んでいる、隠岐の海さんがいるではないか!びっくりした。いたんだね!今日も舛ノ山を早めに捕まえたものの抵抗にあって、苦労した末に寄り倒した。肺が小さくて息が上がっている舛ノ山を土俵から心配そうに見つめる隠岐の海。いい青年だ。ひょっとして力士に向いてないんじゃないか?昨日、常幸龍に左四つで勝ったことを質問されて

「自分は右四つの方がいいと思うんだけれど、どうしても左四つになってしまう。ただまあ、のびのびは取れてますかねえ」

(のびのび取れてたら、いいんかい!)

先場所は前頭10枚目という地位で8勝7敗で勝ち越した隠岐の海は

「勝ち越してもあの番付(地位)で8勝ではダメだ、と周りから厳しい声を掛けられた。勝ち越して厳しい声を掛けられたのは初めてで、今場所はもっともっと勝たなければダメだなあという気持ちで土俵に上がっています」

(厳しい声を掛けられたのは初めて??そんなことないよ!あなたが気づいてないだけ!)

ホントにもう、隠岐の海の人柄がよく出ている話で、笑ってしまった。放送席に、いつも彼に厳しい北の富士さんがいたのだが、感想を聞いてほしかったなあ。

いろんな力士がいるでしょ。だから面白い。だから優勝がほぼ決まっていても見てしまう。

平成25年大相撲春場所 八日目

スポンサードリンク

早いもので春場所も八日目。無傷なら今日で勝ち越しが決まる。決めたのは幕内・十両を通じて白鵬ただ一人。日馬富士はなんと三敗目を喫した。一敗だった常幸龍も二敗に後退した。一敗力士がいなくなった。もう優勝争いを論じる必要はないだろう。寂しいけれど。

こういう場合、何を楽しみに相撲を見るのか?いや、別に見なくても一向に構わないのだが、私のポイントは

・今のところ強い白鵬、誰にいつ負けるか
・日馬富士は何敗するのか
・稀勢の里は、いったい何敗するのか
・把瑠都は11勝以上できるのか
・最近いい相撲をしている琴奨菊は、白鵬と熱戦になるか
・北太樹は勝ち越せるか
・東龍は十両優勝できるか
・雅山は引退してしまうのか
・十四日目の時点で優勝は決まっているのか

などなど、挙げたらキリがない。結局、何があっても見続けるというわけだ。それにしても皮肉混じりだし、マイナーな話題もあるなあ。特に2番目と3番目、書き方の違いに心境を汲み取ってほしい。

その「いったい」の人、今日は大阪出身・豪栄道との対戦。館内は豪栄道への声援一色で、稀勢の里は完全アウェー。大相撲でこんなにもなるのは珍しい。

立ち合い後、稀勢の里は当たってはいるが、毎度のことながら腰が高い。姿勢も立っている。せっかく左を差したのに、攻められない。横綱を目指そうという力士なら、不利な体勢からでも立て直して自分の形に持っていく技術と気力が求められる。今日は左を差せているという拠り所がある。なんとかならないものか。

・・・なんとかなるならとっくに横綱昇進している。そのまま力任せに寄って行ったが、腰が入ってないので豪栄道にこらえられた。二度目の寄りには体をするっと入れ替えられて、あえなく土俵を割った。

館内は熱狂。ヒーローの豪栄道。しかし、そんなに誉められたものでもないよ。脇の甘さが出て、すぐに左差しを許したのだから。大声援を真摯に受け止めているかどうか。

稀勢の里はこれで4勝4敗。体のどこかが悪いのかもしれない。また休場者が出るのか?

白鵬は勢の挑戦を真っ向から受け止めた上で(ここが昨日の日馬富士との違い)、今日も速く取った左前まわしからの上手投げ。右でのひねりも効いていて、豪快に決まった。気持ちいいくらい。

日馬富士は豊ノ島に一方的に寄り切られた。立ち合いに迷いがある。昨日から突き刺さるような当たりがない。ひょっとしたら足首の状態が悪いのかもしれない。

期待は琴奨菊。最近左でまわしを取るのが早く、得意ながぶり寄り(小さくジャンプして体重をかけて全身で寄っていくこと)が出ている。これからも土俵を湧かせてほしい(こう書くとたいがい負けてしまうのだが)。

中継では今日から佐藤洋之アナが登場。おそらく吉田賢アナとの交代。吉田さんはなぜかいつも場所の半分しかいない。面白いのに。