隆の山」タグアーカイブ

平成25年大相撲夏場所 三日目

スポンサードリンク

今日のテレビの解説の舞の海氏は言った。「日馬富士が横綱の地位をずっと守っていくのは『いばらの道』です」と。

昨日のこの観戦記の最後で隆の山のことを書いた。「細くて小さくて幕内には定着できなくても、拍手をもらえる相撲は取れる」。幕内に定着できなくても・・・。図らずも前提条件のように書いてしまった。もちろん日馬富士と隆の山とでは実力差がありすぎるが、泣き所は似ている。そして、日馬富士は横綱に定着しなくてはならない。できなければ、待っているのは「引退」の二文字。大げさなようではあるけど、日馬富士という力士がこれからどのような生き様を見せてくれるのか、注目したい。(実は好きなのですよ、日馬富士のことは)

足首のケガさえなければなあ・・・。本人に代わって勝手につぶやいておいた。

その日馬富士、連敗は免れた。寂しいが、「免れた」という表現がピッタリだった。相手は自身の最高位、前頭二枚目まで上がってきた北太樹。攻めが早くて気っ風のいい相撲を見せてくれる力士で、私は幕内に上がった頃からずっと密かに応援している。いい時期悪い時期を繰り返しながら、やっとここまで来た。

そんな北太樹には申し訳ないのだが、日馬富士にとっては圧勝しなければならない相手だ。負けた翌日に彼と対戦するのはラッキーだと言える。しかし、土俵際まで押し込まれること二度、最後もなんとか上手投げで切り抜けたという格好だ。自信喪失がうかがえる取り口。立ち合い後の張り手が全く効いていないのが寂しさに輪を掛ける。まあ、勝ちは勝ち。復調を待とう。

では白鵬は万全かというと、本当はそうでもないのだ。それでも星を拾っていける、白鵬の強さ。

向正面の解説は中立親方(元・小城錦)。幕内解説は平成23年秋場所以来。舞の海氏とはまた異なる理論派でおもしろかった。

平成25年大相撲夏場所 二日目

スポンサードリンク

二日目からこれを書きたくなかった。横綱・日馬富士に土。

相手は妙義龍。昨日は稀勢の里にサッともろ差しになり、相撲内容では完全に勝っていた。低い体勢、足腰の強さ、素早い動きが持ち味の力士。ところがここ数場所は迷いが出たのか思い切りの良さがなくなり、ちょっとパッとしない存在になっていた(それでも地位は前頭筆頭で、立派なのだが)。

昨日の稀勢の里戦は「今場所の妙義龍は期待できるかも?」という相撲だった。日馬富士にとっては、決して取りやすい相手ではなかった。しかしなあ・・・。

今日の妙義龍は研究してきた。日馬富士の勝つパターンとして、当たってすぐに左に少し動いてまわしをつかむというのがある。昨日もそれが成功した。妙義龍はそれを避けるために、当たってから自分も左に動いた。日馬富士はまわしを取る作戦ではなかったのだが、動かれたためにバランスを崩した。それを逃さずに押していく妙義龍。焦った日馬富士の突きは空振りし、その分からだを回り込むのが遅れて、突き放しをまともに喰らってあっさりと土俵から落ちた。

負けるときの相撲とはこんなものだが、軽量横綱の日馬富士だけに吹っ飛ばされた印象が地位にそぐわない。負け方も求められる地位、とまで言うのは気の毒だろうか。まだ二日目。明日からの相撲を注目していくほかない。

十両の隆の山と希善龍の対戦は秀逸だった。細くて今にも折れそうな隆の山が、倍ほど大きい希善龍にまわしを与えず、うまい相撲で二分かかった末に勝利した。細くて小さくて幕内には定着できなくても、拍手(お金)をもらえる相撲は取れるのだ。

平成25年大相撲初場所 七日目

スポンサードリンク

元横綱大鵬の納谷幸喜さん死去のニュースが十両の取組中に伝わってきた。私の記憶に残っている最初の横綱は大鵬だ(柏戸の記憶はなぜかない)。取り口などは覚えてないが、史上最多でまだ破られていない32回の優勝回数が示すように大横綱だった。貴乃花とも朝青龍とも白鵬とも親交があったと聞いている。それだけ慕われていた。明日からのテレビ中継で大鵬の取組がいくつも放送されることだろう。

上位陣は琴奨菊を除いて安泰。両横綱が安定している。日馬富士は連日の速攻。見ていて気持ちがいい。相手は大きい魁聖。まわしを与えたら力で持って行かれる。日馬富士は立ち合い後すぐに強烈なのど輪。狙っていた。魁聖はたまらず横向きに逃げた。その機を逃さず左上手を取って出し投げ。動き始めている大きな体は止まらない。振り回された魁聖の後ろについた横綱は、丁寧に送り出して決めた。この一連の動きがスムーズだ。これからの日馬富士も楽しみになってきた。

白鵬も豊響相手にすぐ右を差した。豊響も一応左脇を締めて対抗したが、難なく差されて左上手も取られた。横綱十分、いや十二分の体勢。豊響も力が強いので土俵際まで押されたものの、危ない感じは全くせず、余裕だ。横綱は左に回り込んで相手について来させ、その勢いも利用して左からの上手投げ。苦し紛れの投げではない。考えられた、完璧な相撲。おそらく自然に体がそう動いているのだろう。強い。格が違う。横綱が慌てさせられる相撲も面白いが、このようなタイプの違う落ち着いた取組を最後に二番見られて、納得だ。

テレビの解説は相撲協会・前理事長の武蔵川親方(元・三重ノ海)。昨日に続いて珍しい顔。武蔵川さんも定年だからね。理事長時代は不祥事の対応に追われたため厳しい顔しか見られなかったが、今日は一人の力士・親方としての顔だった。安心した。私の小さい頃、三重ノ海の名前もよく耳にした。成績を確認すると、大関・関脇時代が長かったのだなあ。横綱在位は六場所だ。今日の放送では懐かしい映像、懐かしい力士がいっぱい出てきた。大鵬、輪島、旭國、・・・。一時代を築いた人だ。

横綱に昇進したときに先代の武蔵川親方から「一簣功(いっきのこう)」という言葉を贈られたそうだ。簣(き)は土を運ぶ篭(かご)のこと。土を入れて一つずつ運んでいかないと大きな山は作れない。上に行くほど運ぶのが辛くなる。そして最後の一つを積み上げないと山は完成しない。
私も肝に銘じます。

琴欧洲は前傾姿勢かつ腹が大きい臥牙丸の前まわしを引いて出し投げの勝利。手が長い彼しか取れない相撲。
松鳳山は粘ってこらえて残して諦めず、逆転の小手投げで客席を沸かせた。相手は大関の琴奨菊だった。
豪栄道の相撲が粗くなってきた。まわしを取れなかったら引いてしまう悪い癖。二桁勝利をあげれば来場所は大関獲りで盛り上がるのに。

舛ノ山は相手のまげに指が入ってしまって反則負け。残念!もちろん故意ではない。客席からも解説陣からもブーイング。
雅山、今日は気迫を見せたが七連敗。

隆の山は魅せた。とったり、一回転、うっちゃり。取り直しになって立ち合いに当たらず右に思い切り変わって、千代の国が鉄砲玉のように土俵の外へ飛んで出た。隆の山の涼しい顔。千代の国の悔しい顔。

午前十時にチケットが売り切れ、札止めになった。相撲人気上昇傾向、か?

ラジオで沢田石和樹アナが栃乃若を「たかのわか」と実況。解説の北の富士さんが指摘。
「たかのわか??オレの聞き間違いかな?(笑)」「いえ、栃乃若です・・・」