高木優吾」タグアーカイブ

平成24年大相撲九州場所 十三日目

スポンサードリンク

なんとか盛り上げて見ようと思ってきた九州場所も残念ながら尻すぼみ・・・。日馬富士が今日も負けて四敗。白鵬は勝ったので星の差三つ。日馬富士の優勝はなくなった。いや、別に優勝までは望んでなかったけど、千秋楽結びの一番まで興味をつないでほしかった。せっかく横綱が二人になったのだから。

ラジオの舞の海さんによると、日馬富士は疲れてきてスタミナ切れだと。そうかもしれないな。また、相手の鶴竜が、このところふがいなかったのに、今日はいい相撲を取った。巻き替えの応酬で見ごたえはあった。最近ずっと思ってるのだが、大関陣は頑張るべきところがずれている。だから大相撲が盛り上がらないのだ。手を抜いて相撲を取れなんて言わないが、相撲のレベルを日々安定させてくれなくては。

今日の稀勢の里も白鵬に圧倒負け。琴奨菊も妙義龍に圧倒負け。琴欧洲に関しては「この内容ではお客さんからお金を取れない」(舞の海)ほどの情けなさ。ため息。

明るい話題は松鳳山だ。素早い動きでいきなり左上手を取って、反応よく投げてスパッと決まった。考えた、気持ちのいい取り口。来場所の新三役は確定的。

明日、二敗の旭天鵬が負けた瞬間、もしくは白鵬が勝った瞬間に優勝決定。確率はかなり高い。

最後にトリビア。
・序ノ口優勝の舛東欧(ハンガリー出身)はメチャメチャ日本語が流暢。びっくりするよ!
・吉田賢アナが幕下の実況。とても珍しいこと。藤井、刈屋、吉田のベテラン三アナは幕内の実況しかしないのだが、今年に入って吉田さんが十両を担当する日が出てきた(人手不足?)幕下は珍しい。数年前に刈屋さんが一度担当したが。今日は予定の船岡アナに代わってのことだと思われる。やっぱり聞きやすいわ~。

・今場所から三輪アナが十両の担当をするようになった。若手で出てきたのはやはり三輪さんかー。順調に育ってね。沢田石アナも有望でイケメンなのだが、九州には来てない。どうでもいいけど、若手で高山アナと高木アナがいて、紛らわしい…